Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は主要な武器輸出国になることを目指している。 共産主義者は政府と人民世界を非難する

日本は主要な武器輸出国になることを目指している。 共産主義者は政府と人民世界を非難する

2023年1月31日、東京の北西部、狭山市の入間基地で日本のF-2戦闘機を視察するNATO事務総長のイェンス・ストルテンベルグ。 星子ユージン / AB

【東京】岸田文雄政権は26日の閣議で、日本が英国、イタリアと共同開発・共同生産する次世代戦闘機の第三国への輸出を認める方針を決めた。 このとんでもない決定は、昨年12月の凶器の輸出解禁に続くものである。

禁輸措置の解除により、日本は外国企業のライセンスに基づいて製造された武器をライセンス保有国に輸出できるようになった。 致死兵器の輸出拡大は、日本を「戦争ができる国」に変えることを目的とした「3つの重要な国家安全保障文書」に基づいている。

武器輸出政策の拡大は、日本の「平和国家」としての戦後の歴史を根底から覆し、「国際紛争の促進者」「死の商人」への道を開くものにほかなりません。

日本共産党は、この閣議決定に強く抗議し、その撤回を求めました。

政府によれば、次世代戦闘機は「どちらの国でもまだ実現されていない新しい方法」で戦うことができる最新鋭の航空機であり、非常に致死性の高い兵器である。

英国とイタリアにとって、開発中の戦闘機は英国、イタリア、ドイツ、スペインが共同開発したユーロファイター戦闘機の後継機となる。 ユーロファイターはサウジアラビアに輸出され、イエメン内戦の爆撃作戦に使用され、多くの民間人に死傷者を出した。 次世代戦闘機が第三国に輸出されれば、より破壊的な空爆に使用される可能性があることは明らかだ。

政府・与党は次期戦闘機の輸出禁止に「3つの制限と2つの閣議決定」を設けるとしているが、こうした制限が歯止めにならないのは明らかだ。

次世代戦闘機向けにのみ輸出されるという。 彼らは、他の武器輸出は許可されるべきではないと述べ、強力な殺戮能力を備えた高性能戦闘機の輸出を正当化した。 それは不公平です。

「輸出は日本と『防衛装備品及び技術移転に関する協定』を締結している相手国に限定される」と説明している。 しかし、日本が現在15カ国と結んでいる防衛装備品交換協定は、国会承認がなくても政府の判断でいくらでも参加国を増やすことができる。 彼らはまた、「現在紛争状態にある国」は武器輸出から除外されると説明している。 しかし、日本が戦闘機を輸出した後に紛争が始まる可能性はある。

また、二度の閣議決定が必要となる戦闘機の輸出規制を閣議が再確認しても、食料や国民の合意が得られないまま密室で決定されることに変わりはない。

「ブレーキ」と呼ばれるものは、実際にはブレーキとして機能しません。 日本が共同開発・製造を進めている次世代戦闘機は、罪のない民間人の命を奪う可能性がある。 致死兵器の輸出拡大は戦闘機やその他の致死兵器の輸出競争を激化させる可能性があり、地域の安定に影響を与える可能性がある。

政府は次世代戦闘機の第三国への輸出について「武器市場はより大きく、より効率的になる」と述べ、販路拡大によりコストが下がり、販売利益も増加すると主張した。 これが「死の商人」の論理だ。

それは、軍需産業の利益のために人命を犠牲にすることが正当化され、国際紛争を煽ることが「経済的」だと言っているのと同じだ。 日本は世界的な「死の商人」に堕落するだろう。

日本は、自民党政権下であっても、そのような危険で退廃的な傾向を拒否しています。 1976年、当時の三木政権は「国際紛争を扇動しない」ことを基本原則として武器輸出を事実上禁止する「武器輸出三原則」を発表した。

1981年、衆参両院は三原則の厳守を求める決議を全会一致で採択した。 しかし、現岸田政権は国会の役割を無視し、次世代戦闘機の第三国輸出という歴史的な激怒を通じて、自民党と連立相手の公明との「協議」のみで閣議決定を強行した。

議会制民主主義を露骨に踏みにじる行為は容認できない。 日本共産党は、政府・与党に対し、閣議決定を破棄し、本来の「武器輸出三原則」に戻すことを求めます。 そのために日本共産党は、

新聞阿賀肌

この記事をお楽しみいただければ幸いです。 で 人々の世界, 私たちは、ニュースや情報は無料で誰でもアクセスできるべきだと考えていますが、皆様のご協力が必要です。 私たちは完全に読者に支えられているため、私たちのジャーナリズムは企業の影響を受けず、コストも支払われません。 これを可能にできるのは、読者とサポーターであるあなただけです。 読書を楽しむなら 人々の世界 私たちがお届けするストーリーをどうぞ 今すぐ寄付するか、マンスリーサポーターになって、私たちの使命をサポートしてください。 ありがとう!


投稿者

山添拓


READ  日本の西岡選手がセボスの暴走を破り全仏オープンでベスト16進出