Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は亡命を求めるミャンマーのサッカー選手が6ヶ月間滞在することを許可する

彼の弁護士は金曜日、日本が先月チームメートと一緒に帰国することを拒否したミャンマー代表サッカーチームのゴールキーパーのために6ヶ月のビザを承認したと述べた。

最近のワールドカップで、Pi Lion Angは、自国の軍事クーデターに対する抗議の兆候として3本指の敬礼での生活への恐れを表明した後、6月22日に日本でのビザステータスの変更を求めました。 東京近郊の資格。

Pia Lion Angは、2021年6月21日に大阪ホテルからオンラインインタビューを行います。 (京都)

この27歳の女性は、ミャンマー居住者の日本への強制送還を防ぐための政府の緊急措置に基づいて、6か月間国内に滞在して働くことを許可する「指定措置」ビザを発行されました。

日本の入国管理局は、彼が母国に戻った場合、軍による嫌がらせに直面するため、事務所は彼の申請を直ちに処理すると述べた。

ピアライオンアンは、ミャンマー代表サッカーチームの一員として、90日以内の短期滞在のビザで5月末に日本に入国しました。

5月末のシバでの日本とミャンマーの試合中に、代替ゴールキーパーはミャンマー国歌を演奏しながら英語で書かれた「WENEEDJUSTICE」で右手の3本の指を上げた。 敬礼は、2月1日の陰謀に対するミャンマーの反対の表示として使用されました。

チームはワールドカップ予選をさらに2回プレーした後、6月16日に日本を離れる予定だったため、西日本の大阪府関西空港の入国管理局に、日本に滞在したいと語った。


関連する報道:

ミャンマーのサッカー選手が抗議の末、日本に亡命を求める

ミャンマーのサッカー選手は6月22日に日本で難民認定を申請する予定です

ミャンマーのサッカーゴールキーパーが日本の亡命希望者に挨拶


READ  GEは日本にハリケーンに強い海上タービンの設置を推進