Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は交通事故を減らすために東京で自転車トレーニングを提供しています



2021 年 6 月 6 日、東京都港区で行われた自転車の練習中に、Uber Eats の配達員がコーンを滑り降りる様子が見られます。 (毎日・北山果歩)

東京 – Uber Eats は、6 月 6 日に日本サイクリング協会と協力して、日本で最初のサイクリング トレーニングを開催しました。

このセッションの目的は、東京都港区の明治神宮にあるイチョウ並木で、参加者に自分の自転車に自信を持って運転することを要求して、参加者に過信してはならないことを配布スタッフに知らせることでした。 課題は、それが事故の数を減らすことを願っています。

研修には配達員33名が参加し、自転車を持参し、幅30cmのボードに乗ったり、1列から4列に並んでサイクリングするなど、さまざまな運動に挑戦しました。

道端でゆっくりペダリングしながらペットボトルを拾うセッションでは、多くの参加者がバランスを崩して失敗しました。 そのうちの1人は、「置き忘れ物を取りに行くときに、立ち止まらないと危ないことはわかっていた」とコメント。

Uber Eats で働くデザイナーの根本孝義さん(42 歳)は、「東京で 4 年半、ケータリングをしてきましたが、自分の自転車の技術がいかに下手であるかを改めて認識し、改善しなければならないことを改めて認識しました」と語った。



2021 年 6 月 6 日、東京都港区で開催された自転車トレーニング セッション中に隊列を組んで移動する Uber Eats の配達員。 (毎日・北山果歩)

すべての参加者は、クラスを完了したことを示すステッカーを受け取りました。 Uber Eats は、ステッカーが配達員の良さを示し、安全なサイクリングの普及に役立つことを願っています。

Uber Eats の武藤由紀子社長は、「物流スタッフを含め、道路を利用するすべての人が安全にすれ違うことができ、スタッフが温かい食事を提供できるように、トレーニング セッションを継続して実施したいと考えています。

同社は、コロナウイルス感染による配達数が増加しており、一部の配送スタッフが交通事故や違反を引き起こしていると述べたが、具体的な数字は「公表されていない」.

(日本オリジナル 北山佳穂、デジタルニュースセンター)

READ  Ong 300万の核ロボット取引は、LongOpsの日英取引で初めてです。