Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は今こそ東南アジア諸国連合(ASEAN)を平等に扱わなければならない

日本は今こそ東南アジア諸国連合(ASEAN)を平等に扱わなければならない

著者:大場 舞(神奈川大学)

2023 年に ASEAN と日本は公式提携 50 周年を迎えます。 ASEANも日本も過去50年で劇的に変化しました。 バブル経済崩壊後の大国としての日本のイメージの縮小と東アジアにおける中国の台頭により、より平等な方向に向かう両国関係にも同様のことが当てはまる。

日本は 1960 年代後半に世界第 2 位の経済大国となり、東南アジアにおいて巨大な経済的存在感を確立しました。 日本企業は工業製品を輸出し、地域全体に事業展開を行った。 東南アジア諸国連合(ASEAN)の創設メンバーであるインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイにとって、工業化はまだ未来のプロジェクトでした。 日本は経済力を利用して政治的影響力を発揮し、東南アジア諸国に多大な援助を行った。

東南アジアにおける日本の初期の経済的プレゼンスは、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国の反発を引き起こした。 1970年代後半の福田ドクトリンが強調した「対等な」パートナーシップは、当時の日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)との関係の現実ではなかった。

日本の地位が低下するにつれて、東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済的、政治的地位も低下し、それが世界的に東南アジアの関心の高まりにつながりました。 アセアン 合計国内総生産 2022 年には日本の価値の 85% に相当する約 3 兆 6,000 億ドルに達し、この地域は力強い成長軌道に乗っています。

ASEANと日本は現在、新たな外部課題に直面している。 冷戦終結後、東アジアは米国の覇権に支えられたリベラルな国際秩序の下で安定した地域環境を享受した。 この安定は現在、勢力均衡の変化と米国と中国の間の戦略的競争の激化によって脅かされている。 こうした力関係の舵取りは複雑であり、日本も東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国も、単純にどちらかの側につくことはできません。

米国との同盟は日本の防衛・外交戦略の中核である。 の 国家安全保障戦略 2022 地域の長期的な平和と安全を達成するために米国との協力を優先する。 米中の競争が激化するにつれ、これはすでに尖閣・大嶼諸島や東シナ海の天然資源をめぐる領​​土問題を抱えている日中の安全保障関係にも影響を及ぼす。 しかし、中国経済は依然として日本企業にとって極めて重要である。 中国は日本の最大の貿易相手国であり、最初の貿易相手国でもある 3番目に大きい目的地 2022年の日本からの直接投資向け。

ASEANにとって、南シナ海における中国の強硬な行動は、この地域の自由で開かれたルールに基づく海洋秩序を脅かしている。 米国と中国の間の戦略的競争の激化は、東南アジア諸国連合(ASEAN)の「集中化」に挑戦している一方、カルテットやアジアサッカー連盟などのミニ戦略的同盟の台頭により、ASEANの貢献の重要性が軽視されている地域の安定へ。

一方、東南アジア諸国連合(ASEAN)の経済と中国は切っても切れない関係になっている。 ASEANの対中国貿易総額に占める割合は、2010年の12%から2020年には19.4%に増加した。グループ全体として、ASEANは中国の最大の貿易相手国であり、中国からASEANへの海外直接投資は多額である。 着実に増えています

ASEAN諸国にとって、米国は依然として貿易相手国であり、最大の投資源として重要である。 ASEANの一部の国は安全保障と防衛の分野で米国と緊密に協力している。 フィリピンとシンガポールは米軍基地を借り、ブルネイ、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムとともに米海軍が主導する毎年恒例の東南アジア協力・訓練演習に参加している。

米国と中国の競争が激化する中、両国は政治の経済安全保障の側面を推進している。 日本の政治エリートは、米国の覇権の下にある既存の自由主義的な国際秩序が終わりを迎えつつあることを認識しており、日本はルールに基づいた地域秩序の促進者としての役割を担い、新たなアプローチを採用し始めている。 「自由で開かれたインド太平洋」提案もその一例だ。 東南アジア諸国連合と同様に、日本もまた、そのような地域秩序を独自に促進する力がないことを受け入れています。

特定の問題に関する日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)の利益と目標は必ずしも一致しているわけではないが、安定した地域秩序を促進し、国家的課題に対処するには両国ともパートナーを必要としているため、協力を強化する必要がある。 彼らは外交的独立を確保し、大国のライバルの気まぐれから守るために発言力を維持する必要がある。

そこには 3本の柱 これに基づいて日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)はこの協力を構築できるようになりました。

1つ目は、インド太平洋と日本の自由に関する東南アジア諸国連合(ASEAN)のビジョンの枠内で、防衛・安全保障協力、特に海洋協力を促進することにより、自由でオープン、ルールに基づいた公正な地域秩序にコミットすることである。そしてインド太平洋を開く。 フィリピンやベトナムなど東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国は、日本の援助を受けて沿岸警備能力を向上させている。 日本はまた、インドネシアおよびフィリピンと2+2会合を開催し、フィリピン、マレーシア、ベトナム、タイ、インドネシアを含むいくつかのASEAN加盟国と防衛装備品移転協定を締結した。

2 番目の柱は、経済発展と平等という共通の目標を中心に展開します。 日本は、新型コロナウイルス感染症流行の影響を受けたASEAN諸国との協力強化へのコミットメントを示し、金融支援として25億ドルの融資を供与し、ASEAN公衆衛生緊急事態・新興疾患センターを設立した。 日本と東南アジア諸国連合(ASEAN)は、環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進協定などの自由貿易協定を推進することで、サプライチェーンの柔軟性を高めることもできる。

第三の柱は、ASEANと日本との「心のパートナー」としての相互理解と信頼を高めることです。 安倍政権はASEANと日本の間の文化交流の促進に努めてきたが、依然として相互理解、情報交換、知的交流の重層的なチャネルを構築する必要がある。

ASEAN と日本の国内および地域の状況は過去 50 年にわたって進化してきましたが、多くの共通の課題を共有しています。 地域秩序を巡る不確実性が高まる中、ASEANと日本が防衛・安全保障協力と持続可能性、公平性、より緊密な相互理解に基づく経済発展に基づいた新たな対等なパートナーシップを築く時期が来た。

大場麻衣氏は、横浜にある神奈川大学法学部の教授です。

READ  日本は円安と不況のリスクの中で電気料金を引き下げる、と首相は言う