Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は今月、新たなコロナウイルスの非常事態を終わらせようとしています

日本の経済大臣およびコロナウイルス対応担当大臣西村康稔は、2021年1月18日に東京で開催された衆議院本会議の開会式で彼の政治演説を行います。

東京(ロイター)-日本政府は、新規コロナウイルスの症例数が減少し、医療システムへの圧力が緩和されるため、10月1日にすべての地域で非常事態を解除するために顧問の承認を求めると西村康稔経済相は述べた。 彼は火曜日に言った。

政府顧問団の承認が得られれば、日本全体が半年近くぶりに非常事態宣言を解除することになります。 菅義偉首相は午後7時(グリニッジ標準時1000時)に記者会見を開き、決定を発表する。

政府は9月30日に予定されている非常事態を終わらせる計画であるが、西村氏は、事件の再発を防ぐために、バーやレストランに対するいくつかの制限を約1ヶ月間維持すべきであると述べた。

緊急規制下にある都道府県のレストランは、現在、午後8時までに閉店し、アルコールの提供を控えるよう求められています。 西村氏によると、政府は、承認されたレストランのみが午後9時まで営業し続けることができる認定システムを提案しているが、郡知事が別段の指示をしない限り、アルコールの禁止はすべての人に解除される。

コロナウイルスに対する日本の対応を監督している西村氏は、諮問委員会との会談の冒頭で、「非常事態宣言が解除された後、間違いなく新たな症例が増えるだろう」と述べた。

「リバウンドを防ぐために必要な措置を継続する必要がある」と彼は述べた。

他の多くの国と同様に、日本は、夏季オリンピックを含め、非常に伝染性の高いデルタ種の蔓延を封じ込めるのに苦労しており、国の大部分を緊急規制下に置いています。

しかし、保健大臣によると、毎日の新しい症例は、先月、月曜日に全国で1,128に着実に減少し、日曜日の2,129からほぼ半分に減少し、ピーク時の約25,000の感染の毎日の最高値から減少しました。

人口の60%近くが完全にワクチン接種されており、政府はワクチンを希望するすべての人が11月までにワクチンを接種すると述べています。

小宮健太郎による報告; チャンランキムによる執筆; StephenCoatesによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  調査:パンデミックの間、労働者はよりストレスを感じる