Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は今月から外国人労働者と学生の入国制限を緩和すると報告書は述べている

日本経済新聞は、厳しい縁石に不満を募らせた後、今月、非居住者の外国人の厳しい入国制限を緩和し、徐々に多くのビジネス旅行者や学生を受け入れるようになると報じた。

国境管理は、コロナウイルスのオミクロン変異体の最初の症例が報告され、現在、複数の拡張の後、2月末に期限切れになるように設定されているため、11月下旬に実装されました。 政府は、満了に先立ち、1日あたり1,000人以上の受け入れを開始し、徐々に上限を数千人に引き上げる予定です。 レポートによると

学校や企業は、彼らの支援の下で入国する旅行者を監督することが期待され、訪問者は入国時に自己隔離するよう求められるとそれは言った。

ビジネス旅行者に対するより緩い制限は、短期間の旅行と長期的な移転の両方に適用されます。 日経は、政府は研究者や技術者、そして「公益」を提供する労働者を優先すると述べた。

政府はまた、到着時の検疫期間を7日から3日以下に短縮することを検討していると報告書は述べている。 資格を得るには、旅行者(日本人と外国人の両方)がCOVID-19ワクチンブースターを受け取り、ウイルスの検査を受けている必要があります。 政府はまた、必要な事務処理とスクリーニングプロセスを簡素化することを計画しています。

日経は、COVID-19の状況に基づいて、早ければ来週にもこの問題の決定が下されると述べた。

より多くの国が旅行者に国境を開放し始めるにつれて、日本の国境制限の緩和(7つの先進国のグループの中で最も厳しい)が来るでしょう。

オーストラリアは2月から国境を開放します。 観光客を含む外国人旅行者は、2回の接種を受けている場合は21人になります。 タイは今月から旅行者の受け入れを開始し、フィリピン、インドネシア、シンガポールなどの他の東南アジア諸国は徐々に開放されています。

日本の厄介な規制を緩和するための国内外のビジネスリーダーからの呼びかけが高まっている。

十倉雅和経団連としても知られる日本経団連の会長は、江戸時代(1603〜 1868年)の200年の孤立政策への入国制限を例え、政府に解禁を求めた。

日本の在日米国商工会議所と他の外国企業組織は共同で制限を批判し、「主要なパートナーが取った措置を大幅に超えており、経済的および人的コストの増加をもたらした」と述べた。

誤った情報と多すぎる情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  日本のガジ、「数独のゴッドファーザー」は69歳で亡くなりました