Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は個人旅行者の入国を許可する

パンデミックが始まって以来初めて、少なくとも1回のブースターショットを受けた(または出発から72時間以内に陰性のPCR検査を受けた)外国人旅行者は、監督なしで日本に入国できます。

10月11日に発効する新しいプロトコルは、パンデミックが始まって以来、最も厳しい観光制限のいくつかを課している国にとって慎重なステップです.

6月10日から許可されたグループで旅行する人や9月7日から旅行代理店を介して旅行する人に限らず、個人旅行者は自由に入国して旅行することができます。 岸田文夫首相は 9 月 22 日にニューヨーク市のセントラルパークで変更を発表した。 首相はまた、1 日あたりの観光客数の上限を完全に撤廃すると発表した。 また、パンデミックに対応して制定されたビザ要件も一時停止されます。

日本への旅行で何が変わりましたか?

日本は訪問者を受け入れることに非常に慎重です. 今年は6月10日まで定員制(当初は1日最大2万人、今月は1日5万人に増員) 98カ国– 米国を含む – 訪問が許可されました。

国が完全に再開するというニュースは、入国要件の以前の更新から2週間後にもたらされました。これは、訪問者が事前のCovid-19テストで陰性で到着し、政府に登録し、入国のためのQRコードを取得し、ビザを受け取ることを要求していました. 旅行保険。 聴衆、 悪名高く、組織的なツアーに参加している必要があります。 この規則は、パンデミックが始まってから 2 年後に日本が最初に訪問者の入国を許可した 6 月 10 日から 9 月 7 日まで有効でした。

9月7日から、外国人旅行者は、少なくとも1回のブースターショットを取り、旅行代理店と協力する限り、日本に入国できます. 訪問者は団体ツアーに参加しなければならないというルールを緩和する動きは、多くの観光客にとって最も簡単な方法になりました。 代わりに、日本の旅行代理店による承認を必要とする複雑なプロセスを導入し、多くの場合、高額の料金やコミッションが付随していました。

国内外の事業 電話した 国は、パンデミックによって大きな打撃を受けた経済、特に観光を支援するために、国境管理を緩和することを計画しています ( 円は現在、対米ドルで 20 年以上ぶりの安値水準まで下落している)。 しかし、多くの日本人は、国が感染の第7波に苦しんでいるため、国境管理をさらに緩和することに警戒しています.

AP通信は、このレポートに貢献しました.

READ  日本のドローン交通管理システムに会う