Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は全国的なコロナウイルスの緊急措置をすべて解除します

東京(AFP)-日本政府は火曜日に、感染が遅くなるにつれて経済を復活させるのを助けるためにコロナウイルスに対する非常事態が今週終了すると発表した。

菅義偉首相は、非常事態宣言は木曜日に終了し、ウイルス規制は「ウイルスの存在にもかかわらず日常生活を再開するために」徐々に緩和されると述べた。 彼は、政府がより多くの一時的なCOVID-19治療施設を設置し、将来の復活に備えてワクチン接種を継続すると述べた。

菅氏によると、政府当局者はワクチンのパスポートやウイルス検査などの他の計画も立てているという。

解除により、日本は半年以上ぶりに緊急事態から解放されます。

4月に宣言された日本の非常事態は、繰り返し拡大されてきました。 国民の倦怠感と対策への不満にもかかわらず、日本は他の場所で課せられたより制限的な封鎖を回避することができ、COVID-19による約169万人の症例と17,500人の死亡が記録されました。

非常事態は、主にレストランやバーに営業時間を短縮し、アルコールを提供しないようにという要求を含んでいました。 東京、大阪、兵庫、京都の知事は、ウイルスの状況を注意深く監視しながら、これらの命令を維持する予定であると述べた。

日本は、新たな感染の波を防ぐ必要性のバランスを取りながら、社会的および経済的活動を拡大することに熱心です。 与党が今週後半に菅氏の交代を選択することで移行期にある政府は、2か月後に議会選挙に先立って効果的なウイルス戦略を維持するよう圧力をかけられている。

当局は、当局が医療制度を強化するにつれて、現在早期閉鎖を求められているレストランやその他の事業は、徐々に通常の営業時間に戻るべきだと述べた。

政府の最高医療顧問である尾身茂博士は記者団に対し、「非常事態宣言を解除しても、100%自由になるわけではない」と語った。 「政府は、私たちが徐々にリラックスすることしかできないという明確なメッセージを人々に送るべきです。」

彼は、休暇期間の前に復活の初期の兆候が見られる場合は、当局に迅速に管理を強化するよう要請した。

感染は7月に悪化し始め、東京オリンピック後の8月中旬にピークに達し、東京だけで1日5,000件を超え、全国で25,000件を超えました。 病院でベッドを見つけることができなかった何千人もの患者は、彼らの家で病気から回復することを余儀なくされました。

オリンピックと政府当局者は、オリンピックが直接増加を引き起こしたことを否定しているが、専門家は、お祭りの雰囲気が人々をより社会的に活発にし、間接的に責任があると述べた。

菅首相は、政府のウイルス対策や、パンデミックの際に大衆の反対にもかかわらずオリンピックを開催することを主張したことで批判された後、党首兼首相を辞任することを決定した。

報告されている1日あたりの症例数は全国で約2,000に減少しており、8月中旬のピークの10分の1未満です。 専門家は、ワクチン接種の進歩(人口の58%が完全にワクチン接種されている)と、医療システムの崩壊を懸念した後の社会的距離への取り組みの増加に起因する数が少ないと考えました。

河野太郎予防接種相は最近、日本が今年末までに医療従事者と来年初めに高齢者に追加免疫を投与する準備をしていると述べた。

READ  ユーロ2020:ジョルジニョのペナルティーキックがバロンドールに勝利イタリア