Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は公務員に不妊治療のための有給休暇を与える

日本は、出生率の急激な低下に対応するため、出産を希望する夫婦を支援するため、来年1月から年に10日までの有給休暇を国の公務員に与える。

人事院長の川本陽子氏は火曜日の記者会見で、「公的部門が主導権を握るだろう」と述べ、この動きが民間部門の追随を促すことを望んでいると述べた。

2020年6月に東京で過ごした母親と3歳の息子の写真(経堂)

1月と2月に実施され、約47,000人の政府職員から回答を得たオンライン調査によると、1.8%が出産治療を受けているのに対し、10.1%は出産した経験があり、3.7%は出産したと答えています。

出産治療を受けたことがある、または検討している人の中で、62.5%が仕事とのバランスを取るのが「難しすぎる」と答え、11.3%が「不可能」と答えました。最も一般的な理由は、頻繁な医師の診察と費用とスケジュールの必要性です。仕事と衝突します。

新しい国家職員局制度は、フルタイムおよびパートタイムの国家公務員が5日間の有給休暇を取得できるようにすることで負担を軽減することを目的としており、必要に応じてさらに5日間利用できます。

休暇は分割して柔軟に使用できます。たとえば、数時間休んで医師の診察を受けるなどです。

菅義偉首相は、来年4月から日本の公的医療保険に加入することを強く求めている。

日本で生まれた乳児の数は2020年に過去最高の840,832人に減少し、最近の減少傾向はCOVID-19の社会的および経済的影響によって悪化しています。

合計特殊出生率、つまり女性が生涯に期待できる子供の平均数は1.34で、前年より0.02ポイント減少しました。


関連する報道:

日本は2020年に84万人の新生児の過去最低を記録しました


READ  今日の株式市場:ダウ、2021年4月30日のS&Pライブアップデート