Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は円に対する警告を繰り返し、市場は介入を監視している

  • 警告にもかかわらず、日本円は 1 ドル 149 ドルを超える 32 年ぶりの安値まで下落しました。
  • フィンミンは、円の過度で投機的な動きに耐えられないと言う
  • 日本が「秘密の介入」を行っているかどうかについてはノーコメント
  • 黒田氏は、長期的にドル高を期待する人はほとんどいないと語る

東京(ロイター) – 日本の鈴木俊一財務相は火曜日、円が32年ぶりの安値を記録した後、さらなる市場介入の可能性を維持し、投機家が主導する過度の通貨の動きに対して日本は適切かつ断固たる行動を取ると警告した。 .

鈴木氏はまた、当局は何の発表もなしに介入することができると繰り返したが、日本が公に認めることなく円を支持するかもしれないという憶測を押し付けたとき、彼らがすでに介入したかどうかについてはコメントしなかった.

鈴木氏は、火曜日の国会で、「我々は非常に危機感を持って市場の動きを注視している。過度な動きには断固として適切に対応する」と述べた。

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

野党議員の一人から断固たる対応を求められ、「決定的な手段として(9月22日に)為替市場に介入した」と付け加えた。

火曜日に記者団と話していた鈴木氏は、当局が円安を支援するために秘密裏に介入していたかどうかについてコメントすることを拒否した.

「一般的に言えば、発表を行うことで関与する場合もあれば、発表なしで関与する場合もある」と述べ、先週のワシントンでの金融首脳会議の後、彼のコメントを繰り返した. 彼はこの問題についてこれ以上コメントしませんでした。

円は火曜日のアジア取引開始前に 1 ドル 149.10 まで下落し、1990 年 8 月以来の安値となり、150 という重要な心理的障壁が浮き彫りになった。

以前は貿易志向の経済に対する懸念として円高に焦点を当てていた政策立案者は、円の急激な下落がすでに高い商品の輸入コストを押し上げ、家計に圧力をかけ、事業計画を混乱させることを懸念している.

当局は、連邦準備制度理事会による利上げが米ドルを押し上げたため、円が 1 ドル 144 円に達した 9 月初旬以来、ほぼ毎日のように円安に対して口頭で警告を発してきました。

鈴木氏は、4 月に 1 ドル 126 円前後で取引されたとき、円安が経済にとってマイナスであることを最初に認めた。 急激な下落を続けており、年初から約20%下落しています。

日本は先月、当局が1998年以来初めて円を支持するために市場で行動したとき、2兆8000億円(188億1000万ドル)をドル売りと円買いに費やした.

先週の金曜日に日本銀行が発表した見積もりによると、中央銀行の機関によって凍結された超過準備は、10 月 17 日月曜日の時点で 4 兆 9000 億円減少する可能性が高いことが示されました。

9月30日に発表された日銀の前回の試算では、10月初旬時点で2.9兆円の減少を示していた。

1兆円以上の差は、円買い・ドル売り介入の結果、超過準備から吸い上げられたマネーを反映している可能性がある。 これにより、政府と中央銀行が発表せずに市場に介入した可能性があるという市場関係者の間での憶測が飛び交いました。

火曜日の議会セッションで、岸田文夫首相は、投機主導の急速な通貨の動きが問題であると警告した.

岸田総裁は、日銀の超緩和的な金融政策が円の急激な下落の背後にあるという市場の一般的な見方を一蹴し、為替レートは日米の金利差だけでなく、さまざまな要因に基づいて変動すると述べた。

「日銀は、通貨の動きだけでなく、経済発展や物価動向、中小企業への影響などの分野横断的な要因に基づいて金融政策を決定します」と岸田氏は述べた。

先週の世界の金融リーダーの会議に出席した後、国会にも出席した黒田氏は、ドル高が持続しない可能性があることを示唆した.

「ドルは世界中のすべての通貨に対して非常に強くなった」と黒田氏は語った。 しかし、私がワシントンで会った人の中には、これが長く続くと信じている人はほとんどいませんでした。」

(ドル=148.8400円)

今すぐ登録して、Reuters.com に無料で無制限にアクセスしてください

梶本哲史がレポートします。 ダニエル・ロシンクによる追加報告。 キム・クーギル、サム・ホームズ、エドマンド・ケルマンによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  ユーロ圏ではインフレは加速するのでしょうか?