Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は円を支えるために10月の介入に428億ドルを費やした

  • 介入が疑われる中、円は32年ぶりの安値まで下落
  • 日本は10月に介入に「ステルス」アプローチを使用しました
  • データは、日本の FX への支出意欲に関する手がかりを探しています。

[東京 10月31日 ロイター] – 財務省によると、日本は今月、円を押し上げるために通貨介入に428億ドルを費やした。 .

6.3499 兆円 (428 億ドル) は、東京の短期金融市場ブローカーの見積もりに広く基づいており、日本は 2 日間連続して非通知の介入で最大 6.4 兆円を費やした可能性があると考えていました。

円は 10 月 21 日に 32 年ぶりの安値 1 ドル 151.94 まで下落し、介入を促した可能性が高く、続いて 10 月 24 日に別の介入が行われた。

それでも、東京が先月、20年以上ぶりの円買いドル売り介入に費やした2.8兆円のほぼ2倍だ。 最新の介入記録は、9 月 29 日から 10 月 27 日まで記録されました。

これらの介入により、10 月 21 日には 1 ドルに対して 7 円以上まで急落し、10 月 24 日には一時的ではありますが 1 ドルに対して 5 円まで下落しました。

日本の通貨は再び圧力を受けています。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券のチーフFXストラテジスト、宇野大作氏は「介入への多額の支出はある程度効果的だった。

「これは、日本の当局が、150円を超えて円を売っている市場参加者を取り締まり続けることを示唆している.」

米国のインフレを後押しするデータ

堅調な米国の個人消費データは引き続きインフレと連邦準備理事会による利上げペースの鈍化への期待に焦点を当てており、日銀は引き続き超低金利にコミットしており、ドルは月曜日遅くに 1% 上昇しました。 148.45円。

日本の通貨介入データ、毎月末に発表される月次合計、および四半期報告書で発表される日々の支出は、日本が通貨市場でどれだけ支出する意思があるかについての手がかりを綿密に監視しています。

財務省が今月、市場での公然の行動に対するコメントを避けて、介入への秘密のアプローチを取った後、月曜日に数字がさらに精査されることになる。 先月の円買い騒ぎは、すぐにそれを確認した。

しかし、市場は日本が介入に対してどの程度の準備ができているかを熱心に調査しようとしていますが、少なくとも当面の間、市場に参入し続けるための十分なリソースがあることに疑いの余地はありません。

実際、日本のトップ通貨外交官である神田正人氏は、介入する当局のリソースに制限はないと述べています。

日本は 9 月末時点で約 1.2 兆ドルの外貨準備高を保有しており、中国に次いで 2 番目に大きく、その 10 分の 1 は外国の中央銀行と国際決済銀行に預金されており、すぐにドル売り円に利用できます。買い介入。

また、日本の総外貨準備高の 5 分の 4 は米国債で保有されており、円高時にドル買い介入を行った際に購入されました。 これらは簡単に現金化できます。

その他の保有資産には、金、国際通貨基金 (IMF)、IMF 特別引出権 (SDR) が含まれますが、財務省当局者は、これらの資産からドル資金を購入するには時間がかかると述べています。

(1ドル=148.4900円)

梶本哲志によるレポート。 Edmund Clamanによる編集

私たちの基準: トムソン・ロイターの信頼原則。

READ  「私たちが日本に恋をしたとき、私たちはお互いをとても愛していることに気づきました」