Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は冬の前にCOVID-19の落ち着きの場合にベッド、ブースターショットを準備します

東京(ロイター)-日本の岸田文雄首相は金曜日に、この冬の新しいコロナウイルスの発生の可能性に備えて、病床と医療資源を増やす緊急の計画を概説した。

夏の間、致命的な第5の感染の波が医療システムをほぼ圧倒した後、人口の70%以上をカバーするワクチン接種の増加に伴い、感染と死亡は劇的に減少しました。

先月、国の大部分を対象とした緊急措置が解除されたが、昨年の冬に日本で起こったように、健康専門家は症例が回復する可能性があると警告している。 その前に、政府は病院の病床容量を約30%増やし、在宅ケアを強化し、どの病院が圧力を受けるかを予測するためのデータを収集することを計画しています。

「医療システムの強化と並行して、情報技術システムが12月から使用され、各病院の病床数と状態が発表されます」と岸田氏は記者団に語った。

岸田文雄氏は今週初め、政府のパンデミックとの闘いにおける「切り札」は、病院での治療の必要性を防ぐことができる経口治療の購入であると述べた。

水曜日に発表された条件によると、日本は、COVID-19抗ウイルス薬モルヌピラビルの160万サイクルに対してMerck&Co Inc(MRK.N)に約12億ドルを支払う予定です。

これは、米国が確保している供給量の約半分であり、流行が始まって以来、日本で発生したコロナウイルス感染の合計170万件に匹敵します。 続きを読む

一方、ワクチンの追加接種は来月から開始する予定であり、政府は5歳までの子供への予防接種の拡大を検討している。 続きを読む

日本は多くの国よりもパンデミックを乗り越えており、これまでに18,000人をわずかに超える死者が出ており、厳格な封鎖を課すことはありません。

しかし、政府は、夏の間に加速する一連の症例に病院が対処できないために、患者の自宅での死亡の波について激しい批判に直面している。 菅義偉前首相は、危機への対応を理由に9月に辞任した。

家族の不足を避けるために、保健省は過去と現在の感染データを使用して、いつどこで医療資源が圧迫されるかを予測するシステムを採用しています。

「第6の波は、いつかという問題ではなく、いつかという問題です」と、予測ツールを開発した京都大学のフロセユキ教授は語った。

「日本の現状は落ち着いているので、今はいくつかの制限を解除することは容認できるようです。しかし、人々が必要なときに再び「自主的拘束状態」に戻ることができるかどうか心配です」と彼は付け加えました。

(このストーリーは、2番目の段落のタイプミスを修正するために書き直されました)

(ロッキースウィフトレポート)サイモンキャメロンムーアによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  ニュースナビゲーター:なぜCOVID-19ワクチンブースト用量が必要なのですか?