Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は別のコロナウイルスの緊急事態を避けたい

今年の夏の東京オリンピックとパラリンピックに先立ち、多くの地域でCOVID-19の症例が増加しているため、政府は別のコロナウイルスの緊急事態を回避することに真剣に取り組んでいます。

政府は木曜日に、2月に施行された改正特別法の下でホットスポット州で緊急措置を講じることを初めて決定した。 しかし、日本が国の多くの地域で再感染に失敗した場合、3度目のCOVID-19緊急事態を発行する必要があります。

これは、世界的な健康危機の中で日本人の熱意がすでに低下している夏のスポーツの新たなハードルとなるでしょう。

東京の先駆け

政府は、違反者に罰金を科す義務的な措置を含む緊急措置を講じることができる地域として、大阪、兵子、宮城県を指定しました。

大阪、神戸、戦隊、兵子の西ノミア、アマカシ、アジアの6都市で、月曜日から5月5日まで実施される緊急前措置をめぐって第4の訴訟が提起される可能性が高い。

3つの省のうち、大阪と兵子は2月末に国を出て、東京と隣接する3つの省に次いで国内で2番目に緊急事態が発生しました。

大阪のトッテナムナイトライフ地区金曜日| 京都

3月末現在、大阪での新たな感染件数は1日200件を超えています。 しかし、連邦政府は、レストランの需要とその営業時間を減らすための緊急事態後のフォローアップ制限、つまりバーの有効性を調査したかったため、緊急事態前の措置の導入に慎重でした。

火曜日に気分が変わり、大阪の毎日の症例数は432に達し、緊急事態を去って以来初めて400を超えました。

昨日、大阪府は吉村博文氏に緊急措置の実施を国に呼びかけるよう要請した。

菅義偉首相に近い筋は、「要請を受け入れるしかない」と述べた。

水曜日、政府は大阪、兵子、宮城を緊急手術にかけることを広く決定した。

山形県、愛媛県、沖縄県など、全国各地でコロナウイルスが増加していることから、政府は特に東京情勢がどうなるかを懸念しており、緊急事態以降はゆっくりと増加しています。

政府筋は、「カンザス州の状況は、2週間後に東京でどのようになるだろうか」と述べた。

東京とその近隣の3つの州が、3月21日に国の2回目の緊急事態を終了する最後の州になるにつれて、この地域の新しい感染症の数は増加しています。 木曜日に東京で475件の症例が報告されました。これは緊急事態が解除されて以来最も多い数です。

菅義偉首相は、木曜日に首相官邸で開かれた作業部会で、大阪、兵子、宮城の各州に対する新しいCOVID-19対策を発表した。  | 京都
菅義偉首相は、木曜日に首相官邸で開かれた作業部会で、大阪、兵子、宮城の各州に対する新しいCOVID-19対策を発表した。
| 京都

ゲームは続けなければなりません

木曜日の記者会見で、内閣官房長官のガド・カツノブ氏は、毎月の緊急作戦の間、政府は「モーテルにいかなる伝染も広めない」と強調した。

連邦政府を含むオリンピックパートナーは、東京が今年の夏にオリンピックを主催できるかどうかをめぐる訴訟の増加が新たな議論を引き起こす可能性があることを懸念しているかもしれない。

さらに、コロナウイルスの復活によりスーチー内閣への国民の支持が低下した場合、衆議院を解散して選挙を行うかどうかなど、選挙戦略を再考する必要がある。

現在の議員の任期が満了すると、秋までに衆議院総選挙が行われなければならない。

政府高官は木曜日、オリンピックが計画通りに進んでいると発表した。

同日、吉村氏は、聖火リレーは大阪市を避けるべきだと述べた。

誤った情報と過剰な情報の両方で、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  マシューズは、アジア太平洋および日本のファンドの共同リーダーを推進しています