Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は北京オリンピックに政府代表団を派遣しないことを選択します

日本は金曜日に、北京オリンピックで政府を代表する大臣の代表団を派遣しないが、中国の人権状況に抗議するためにオリンピックをボイコットする米国主導の動きに混合した反応で、3人のオリンピック関係者が出席すると発表した。 。

松野博一内閣官房長官は記者会見で、「政府代表団を派遣する予定はない」と述べた。

東京オリンピック組織委員会の橋本聖子会長、日本オリンピック委員会の山下泰裕会長、日本パラリンピック委員会の森和幸会長が出席すると述べた。

松野氏は、3人の関係者がJOCとIPCを代表する国際オリンピックとパラリンピック委員会の招待に出席していると述べた。

松野氏は、外交ボイコットかとの質問に対し、「現在の状況を表すために特定の用語を使用することはない」と答えた。

政府代表団を派遣しないという日本の決定は、米国とオーストラリア、英国、カナダを含む他のいくつかの民主主義国による動きに続いており、中国の人権侵害を指摘した。

米国の同盟国であり、中国を最大の貿易相手国と見なしている日本は、困難な状況にあり、中国の新建地域と香港の人権状況について、欧米のパートナーよりも穏やかなアプローチを取っています。

日本の岸田文雄首相は、人権を外交の不可欠な部分とし、この問題に対処するための特別な顧問職を創設し、中国と建設的な関係を築くことを望んでいると述べた。 彼はここ数週間、北京オリンピックをどうするかを繰り返し尋ねられたが、日本の国益のために包括的な決定を下すとだけ言った。

「日本は、国際社会における普遍的価値である自由の普遍的価値、基本的人権の尊重、法の支配を確保することが中国にとって重要であると信じている」と松野氏は述べた。 彼は、日本が決定を下す際にこれらの点を考慮に入れていると付け加えた。

中国は、オリンピック憲章の精神に必要な政治的中立性に違反しているとして、米国や他の国々を批判している。

日本のアスリートは2月4日から予定通り大会に参加します。

「日本は、北京オリンピックがオリンピックとパラリンピックの精神に基づく平和の祭典として開催されることを望んでいる」と松野氏は語った。

READ  フォーミュラ1のチーフが代替オプションを検討しているため、シンガポールグランプリはキャンセルされました