Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は北朝鮮の拉致を解決するために協力しなければならない

日本の政府高官は火曜日、国連でのオンラインシンポジウムで北朝鮮の過去の拉致の犠牲者を取り戻すのを助けるよう国際社会に呼びかけた。

「拉致問題は、日本の主権と日本人の生命と安全に関連する重要な問題です…私たちは、すべての拉致被害者ができるだけ早く帰国することを確実にするためにできる限りのことをします」と加藤勝信は言いました。内閣官房長官。

「このシンポジウムが、国際社会の中で、拉致問題を地球規模の問題として解決するペースを加速させることを願っている」と彼は述べた。

日本の加藤勝信総務長官(L)と拉致被害者の家族である横田拓也(C)と出香小二郎は、2021年6月29日に東京で開催されたオンライン国連シンポジウムに出席している。 (京都)

日本が米国、欧州連合、オーストラリアと共同で主催したこのシンポジウムでは、1970年代と1980年代に北朝鮮に拉致された日本の家族と、彼らの窮状を強調する心からの証言をしたアメリカ人、ルーマニア人、タイ人の親戚が見られました。 。 原住民も北に連れて行かれたと信じられています。

「北朝鮮は、これらの拉致を含む多くの人権侵害に責任があります。私たちは、これらの長年の不正に対処するために、私たちの友人や日本を含む私たちの同盟国と協力し続けます」と、リンダ・トーマス・グリーンフィールド国連大使は言いました。 。 北朝鮮の正式名称は朝鮮民主主義人民共和国です。

日本の拉致問題担当大臣を務める加藤氏は、菅義偉首相が二国間関係の停滞を打開することを前提とせずに、北朝鮮の金正恩首相と会談する用意があることを繰り返した。

横田拓也の弟である横田拓也は、1977年11月に東京の北にある海辺の町ニコタの学校から帰る途中、13歳で日本人家族に拉致された。 、出香浩一郎、22歳。

日本は北朝鮮のエージェントによって誘拐された17人の国民を公式にリストしているが、それでも彼らがいくつかの失踪に関与したと疑っている。

2002年に5人が国外追放されたが、日本は残りの12人を引き続き撤退させている。 平壌は、横田めくみを含めて8人が死亡し、4人は入国したことがないと述べている。

北朝鮮の拉致問題に関するシンポジウムは、毎年5月にニューヨークの国連総会で開催されます。 本社で開催されましたが、昨年はコロナウイルス感染のため開催されませんでした。

今月初め、北朝鮮の国連代表団は、オンラインシンポジウムで、日本の拉致問題はすでに解決されていると抗議する声明を発表した。


関連する報道:

横田の死から1年後、n。 韓国による誘拐の進展はほとんどない

親戚が日米首脳会談後、北朝鮮の誘拐犯の返還を求める

日本は数年前に北朝鮮の主要な連絡将校の道を失った


READ  オールブロックスのグレートキーランリードが日本準決勝でロビーティーンズに引退