Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は原子力をより有効に活用すべきである-応用委員会委員長

日本は原子力をより有効に活用すべきである-応用委員会委員長

東京、5月20日(ロイター)-日本は電力価格の上昇に対処するために既存の核能力をより有効に活用しなければならない、と国の公益事業グループの議長は金曜日に言った。

日本の電力会社連盟の池部晃弘会長は記者会見で、ロシアのガス供給が途絶えれば世界の液化天然ガス(LNG)市場はさらに厳しくなるため、核政策について真剣に議論する必要があると語った。 。

国は再生可能エネルギーの使用を増やす必要があるが、原子力エネルギーのより低い燃料費は生産費のパーセンテージであるため、それは重要な役割を果たすことができると彼は付け加えた。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

「最大の安全性のために、そしてエネルギー安全保障、経済的信頼性、そして2050年までのカーボンニュートラルの実現の観点から、既存の原子力エネルギーの使用を優先する必要がある」と彼は述べた。

ロシアの石炭と石油の輸入を段階的に廃止することを決定した日本は、4基の原子炉を運転し、2011年の福島第一原子力発電所事故後に課された厳しい安全基準の下でさらに数基の原子炉の再認可を進めている。 続きを読む

「日本がロシアの石炭の購入をやめたとしても、インドと中国はその石炭を購入し、インドが石炭を購入する南アフリカから購入することができる」とイグベ氏は述べた。

「世界の石炭需要が変わらなければ、世界は軌道上で需要を満たすことができるだろう」と彼は述べた。

しかし、ロシアのLNG供給が途絶えると、供給業者の数が限られているため、日本の購入に大きな影響を与えるだろうと彼は述べた。

「したがって、LNGが継続できるように、日本はサハリン2プロジェクトに出資するべきである」と彼はロシアのサハリン島での石油とガスの開発に言及して言った。

今すぐサインアップして、Reuters.comへの無制限の無料アクセスをご利用ください

大林組による報告; KirstenDonovanによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  日本のデータセンターの市場規模は2021年までに70億ドルと推定され、2026年までに100億ドルに達すると予想されています。