Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は台湾海峡の省エネ戦略を必要としている-大使

東京レポート | 安全 | 東アジア

岸田首相が発表した国家安全保障戦略レビューには、日本のエネルギー安全保障を改善するための政策が含まれていることに注意することが重要です。

最近 ポリシートーク 岸田文雄首相は、日本の食事に先立ち、日本の国家安全保障と日本のエネルギー目標を達成するための日本の計画について話し合ったが、台湾海峡の安全保障状況を反映したエネルギー安全保障戦略を政府が採用することが重要であると述べた。

炭化水素はホルムズ海峡から台湾海峡に輸入されています 中東 危機の際に閉鎖された海上ソークポイントを通過することは、日本のエネルギー安全保障に影響を及ぼし、日本の政策立案者が地域の海上安全保障問題に取り組む理由を生み出します。 台湾周辺の水は、地政学に照らして日本の省エネに特別な注意を払っています 緊張 日本の台湾との関係は、台湾と中国の間で拡大しています。 日本は台湾海峡の安定とエネルギー自給を優先する省エネ戦略を必要としています。 これにより、岸田はエネルギー安全保障に取り組み、日本が気候目標を達成するのを助け、日本が地域の安全保障問題についてより積極的になることを可能にする機会を与えられます。

台湾周辺の海域が安全に輸送できない場合、日本行きのタンカーはより長い迂回を余儀なくされ、日本のエネルギー供給を混乱させ、即座に結果をもたらす可能性があります。 燃料と電気の価格が上昇し、最終的には不足と停電につながります。 日本は、特に経済的および社会的災害が一般的になる冬に、長期的な不足に対処するための十分な貯蔵容量を持っていません。 A.日本では 戦略的石油バランス それは90日間の消費要件を満たし、混乱の一部を軽減することができますが、それは長期的な解決策ではなく、国家の緊急事態でのみ使用することができます。 バランスシートにアクセスするには、危機に関する全国的な緊急通知が必要になります。 この準備金は、中東戦争や日本の自然災害の際にのみ使用されたものであり、アジアでの海運禁止により、政府がどのような法的根拠を利用しなければならないのかは明確ではありません。 少なくとも、緊急事態の発表は状況を悪化させ、日本でパニックを引き起こす可能性があります。

これが日本の安全保障をどのように脅かすかを考えると、国家安全保障戦略を見直すことが重要です。 発表 岸田文雄を通じて日本のエネルギー安全保障を改善するための戦略が含まれています。 省エネ戦略は、台湾海峡の安定を維持し、日本のエネルギー供給を多様化するという目標を設定することにより、この課題に対処する機会です。 この戦略は日本の改訂を完了するでしょう 戦略的エネルギー計画 日本のエネルギー自給の舞台を整え、台湾海峡を中心とした国家安全保障の視点を紹介します。

台湾海峡の安定に対する日本の支持は強固な基盤を持っており、台湾との関係はここ数年で緊密になっています。 岸田は 了解しました 台湾海峡は日本の次の安全保障上の課題となる可能性が高く、日本が安定を支援する最善の方法は、台湾との関係の改善につながった問題への継続的な関与を増やすことです。 特に安全保障問題に関する日本と台湾のより良い関係は、台湾を国際社会にさらに引き込み、台湾の背後にある統一戦線を証明するでしょう。 これにより、海運の混乱のリスクが軽減され、日本はこの地域の緊急事態がどのように見えるかについてより大きなシェアを得ることができます。

この記事は楽しかったですか? フルアクセスを購読するには、ここをクリックしてください。 月額たったの5ドル。

危機が発生した場合に、日本が台湾周辺の航路をどのように保護するかを検討することも重要です。 それは日本の離島防衛計画に含まれ、その一部となるべきです 戦略的計画 台湾海峡事故に対応した日米間。 これは、日台と米国の戦略的対話の中でも注目されるべきである。

長期的には、日本はエネルギー安全保障と地域の引火点に対応する能力を輸入に依存するリスクを減らすべきである。 日本は、自衛隊が市民社会のエネルギー需要を失うことなく活動できる環境を作らなければなりません。 これは国防省の任務を遂行することによって行うことができます 計画 2030年までに自衛隊施設で100%再生可能エネルギーを使用し、日本のエネルギー資源を多様化します。 これを行う方法には、日本が現在持っている以上の投資が含まれます 目標 沿岸の空気生産と2030年までの日本の原子力施設の再活性化を再考することは、3/11の3つの災害の後の遅いプロセスです。 このようなプロジェクトは、日本が2030年までに炭素排出量を46%削減するという目標を達成するのに役立ちます。

岸田政権が台湾の支援と日本のエネルギー資源の多様化に焦点を当てたエネルギー安全保障戦略を採用すれば、日本の安全保障を危うくする可能性のあるエネルギー不足を恐れる必要はありません。 また、国防予算の増額をめぐる政治戦争に耐えることなく、日本の安全保障を向上させるでしょう。 これにより、日本はインド太平洋の安全を守ることに自信を持つことができます。

READ  カーリング-英国は女性のイベントで日本に対して金メダルを獲得しました