Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は四半期ごとの粗鋼生産のさらなる増加を見込んでいます

東京(ロイター)-日本の粗鋼生産は、造船や機械を含む製造業の回復と経済産業省に支えられて、前年同期比で1.9%増加すると予想されています。 )木曜日に言った。

これは4四半期連続の増加であり、3月31日までの会計年度の年間生産量は9,707万トンに増加し、COVID-19パンデミックが生産量を50年近くで最低レベルに押し下げた前年から17%増加しました。

経済産業省は、チップやスペアパーツの不足により生産が打撃を受けた自動車セクターの需要増加を反映して、3か月間の粗鋼生産量を前年の2,134万トンから2,415万トンと推定した。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

トヨタ(7203.T)や日産などの日本の自動車メーカーは夏以来減産を見てきました。

経済産業省の冶金部門の責任者である松野大輔は、次のように述べています。

同氏は記者団に対し、「しかし、自動車生産が計画通りに上がらなければ、下振れリスクがある」と語った。

トヨタは今週、サプライチェーンの問題、チップ不足、パンデミックのため、1月に国内5工場の生産を停止すると発表した。 続きを読む

粗鋼生産は着実に回復しているものの、世界第3位の生産者の推定年間生産量は2019年のパンデミック前のレベルである9,843万トンには達しません。

「これは、自動車の生産が遅いことや鉄鋼の生産能力が低いことなど、さまざまな理由によるものです」と松野氏は語った。

新日本製鐵は、昨年初めに発表されたリストラ計画の一環として、西日本の呉市にある高炉を閉鎖し、内需の縮小と世界的な激しい競争の結果、生産能力の10%近くを削減した。

今すぐ登録して、Reuters.comへの無制限の無料アクセスを取得してください

(大林由香による報告)クラレンス・フェルナンデスとアレクサンダー・スミスによる編集

私たちの基準: トムソンロイターは原則を信頼します。

READ  シアトル発の和風フライドチキンタコスがラインナップ