Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は国の安全のためにサイバーセキュリティユニットの総数を増やすことです

東京発-日本の防衛省は、中国やロシアなどによるますます巧妙化する攻撃に対処するために、民間部門から雇用されたものを含め、サイバーセキュリティを扱う人員の数を増やすことを計画している。

2020年度末現在、国防軍には約660人が駐留していた。 2023年までにこれを1,000以上に増やす計画が進行中です。

Cyber​​otaxは伝統的に、ネットワークに侵入して情報を盗むコンピュータウイルスを含みますが、近年、ハッカーはより巧妙になっています。 土曜日、米国と欧州の企業は、米国の情報技術企業であるケーシーに対するランサムウェア攻撃を封じ込めるためにうろついていました。 この攻撃により、5月にアメリカのパイプライン事業者が同様の攻撃を受けた後、スウェーデンのCoop食料品チェーンは800店舗すべてを閉鎖せざるを得なくなりました。 日本でも攻撃が増えています。

自衛隊の通信網への攻撃は、日本全国に駐留する部隊の活動を妨害または停止させる可能性がある。 国家安全保障に関連する機密情報も悪意のある人の手に渡る可能性があります。 このような状況は、国家安全保障に大きな影響を与える可能性があります。

同省は、量と質の両面でサイバーセキュリティを強化することを期待しています。

自衛隊全体と空軍、海軍、陸軍の共有システムを警備する660人のサイバーセキュリティ要員は、2022年3月に終了する今会計年度末までに800人に増員される予定です。

自衛隊全体のサイバーセキュリティを監督する部門は、2022年までに各支店のユニットを統合することから始まります。これはパフォーマンスを向上させる手段です。

今年の初めに、サイバーセキュリティコースが地上防衛工学部に導入されました。 このコースは、プログラミング言語などの基本を教えるためにサイバーセキュリティ担当者をトレーニングすることを目的としています。

国防省はまた、ますます巧妙化する攻撃に備えるために外部の専門知識を求めます。 今月は、日本電信電話のサイバーセキュリティ監視コンサルタントと、もう1つの大手サイバーセキュリティ企業であるLICを採用しました。 彼らは、それぞれの会社の残りの従業員がいる間、週に2、3日省で働きます。

NDTチームには30万人以上の従業員がいます。 このような大規模な組織をサイバーオタックスから保護するには、すべての従業員が脅威を認識し、マネージャーとマネージャーに適切な知識を持っている必要があります。 20万人以上の従業員を抱える自衛隊は、NDTの現場知識に基づいた研修プログラムの立ち上げを検討する予定です。

STF職員がトレーニングのために海外に行くという現在の計画に加えて、彼らは高度な知識とスキルを持つ専門家からのサイバー攻撃に対処する方法を学びます。

補償金は公表されていないが、国防省は2021年度に顧問を雇うために2000万円(18万ドル)を確保した。

日本は、主要な同盟国である米国との協力を強化しました。 先月、海事自衛隊は、イスモヘリ空母で米軍とサイバーアトック演習を実施した。

「米海軍は私たちの前にいる」とMSDFスタッフの責任者である山村浩は言った。 「私たちは物事のやり方とその背後にある考え方を共有することができました。それは注目に値しました。」

軍艦は常にネットワークに接続されていると移動するため、海上での通信が途絶えるとウイルス感染のリスクが高まります。 ウイルスは、たとえば船のナビゲーションシステムに影響を与えるなど、船のメンテナンスに使用されるフラッシュドライブを介してコンピュータに侵入する可能性があります。

英国シンクタンク国際戦略研究所が先月発表したレポートによると、日本のサイバー機能は、3つの基準の中で最も低い「レイヤー3」と評価されています。 報告書は、国家安全保障部門の弱点を指摘した。

中国とロシアは、空軍、海軍、地上軍の物理的攻撃とサイバーおよび電磁パルス攻撃の組み合わせに重点を置いています。 中国のキプロス部門には3万人の従業員がいると言われています。 これにより、より多くのスタッフを採用し、ウェブ部門の能力を強化し、米国と協力するという自衛隊の努力の緊急性が高まっています。

READ  マルチプレイヤー専用の「ドラゴンクエストX」が日本でオフライン版を入手