Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は国内初の核融合発電所を建設するために冒険します

西日本でのプロジェクトでは、核融合で発電する国内初のパイロットプラントを建設する計画であり、二酸化炭素を排出せずにエネルギーを生産する新しい方法としてこの技術が注目されていると同社は述べた。

京都府有二に拠点を置く新興企業である京都フュージョン株式会社は、すでに資金を購入してプラントの設計を開始したことから、今後5年間でプラントを立ち上げることを目指していると、CEOの長尾隆は共同通信に語った。 インタビュー。

パイロットプラントには、熱交換器とタービン、および熱エネルギーを生成して少量の電力を生成する反応器が装備され、発電容量は数十キロワットに達すると予想されていると同社は述べた。

添付の写真は、京都核融合株式会社が建設する日本初の実験用原子力融合発電所のデモです。 (写真提供:京都フュージョニアリング株式会社)(共同通信)

国内外で核融合反応の実現可能性を実証するための実験用原子炉がありますが、「実際にエネルギーを生成するプラントは世界的にも不足しています」と長尾氏は語った。

このプロジェクトは、京都大学が設立した投資会社によって部分的に資金提供され、2019年に開始され、京都大学の高等エネルギー研究所の長尾と小西聡教授が主導しました。

同社は、原子炉内で発生する摂氏1億度以上の温度で効果的に熱を収集する主装置を含む、核融合炉用の装置を開発しています。 工場を使用してハードウェア開発用のデータを収集することを計画します。

本事業への投資は数十億円を目指しており、すでに日本投資法人ファンドに関連するものを含め、投資ファンドから13億円を調達している。 彼はまた、MUFG銀行などの巨大銀行からお金を借りる予定です。

同氏は、このプロジェクトは将来、中央政府や地方自治体と協議を行い、駅の建設現場などの詳細を検討すると付け加えた。

核融合発電は、原子核を合体させて生成されたエネルギーを電気に変換します。 核分裂連鎖反応を伴う原子力発電とは異なり、核融合プロセスはより安全であり、原子力発電所のような非常に活性の高い核廃棄物を生成しない、と専門家は言います。

米国の核融合スタートアップであるCommonwealthFusion Systemsが昨年、Microsoftの共同創設者であるBill GatesとGoogleからの投資を確保したため、核融合エネルギーは最近世界的な注目を集めています。

日本政府はまた、地球温暖化に対処するためのクリーンエネルギーを確保する方法として、核融合エネルギーの研究開発を奨励しています。 近い将来、このステップへの支援を強化するために専門家の委員会を設立する予定です。

READ  スパッタコーターの市場規模分析