Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は外国人向けの自衛隊機の打ち上げを計画している

日本の国防省は、外国人が日本人を乗せていなくても、緊急時に治安部隊の飛行機が外国人を避難させることを許可することを検討している。

自衛隊は現在、日本人と一緒に乗車する場合に限り、外国人を日本国外の緊急事態から避難させることを法律で許可されています。

同省は現在、自衛隊の航空機が日本大使館職員や国際政府機関の外国人従業員とその家族のみを避難させることを許可することを検討している。

同省はまた、米軍や他の同盟国とのセキュリティ情報共有を改善する方法や、自衛隊の航空機を送るプロセスを促進する方法を研究する予定です。

岸田文雄首相は、今年初めのアフガニスタンでの避難作戦に照らして、現在の取り決めを改善する方法を検討するよう当局に指示したと食品委員会に語った。

タリバーンがアフガニスタンを占領した後、政府は8月に自衛隊の飛行機をアフガニスタンに送った。 任務は、米国の要請により、日本人を空輸し、14人のアフガニスタン人を追放した。

しかし、日本大使館と国際協力機構の多くのアフガニスタン人労働者は、自衛隊の飛行機に搭乗することができませんでした。 彼らは追放の対象となる約500人の中にいます。

アフガニスタンから避難した人々の中には、空港外での爆撃のために空港に到着できなかった人もいました。 代わりに、彼らは隣国のパキスタンに飛んで、商用便で日本に飛んだ。

READ  ナイカタのナイパにある日本最長のゴンドラリフトから紅葉を見る