Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は太平洋でのロシア海戦訓練について警告する

ロシアのウクライナ占領をめぐる両国間の緊張が高まる中、岸信夫国防相は金曜日、太平洋岸でのロシアの海軍演習の可能性について懸念を表明した。

岸は木曜日の記者会見で、国防省が北海道本島の東でロシアの5隻の船が「活動的」であることを確認したと語った。ロシアが公然と述べた大規模な軍事演習の一部は6月3日に始まる。 太平洋には40隻の船と約20機の航空機が停泊しています。

北海道東部の太平洋で活動するロシアの潜水艦が2022年6月9日に撮影されました。 (写真提供:防衛省統合参謀本部)(京都)

岸氏は、「(ロシア軍が)日本の北東太平洋沿岸でこれ以上演習を行うかどうかを注意深く監視する必要がある」と述べ、この動きは「極東での作戦能力を誇ることを目的とした」と付け加えた。 ウクライナに対する占領。」

岸によれば、千島列島周辺の海域から東北地方の海域にミサイルを発射することについて警告が発せられたという。

ロシアは、最近5月24日に、岸田文雄首相が米国、オーストラリア、指導者とのクワッドサミットを主催した、ロシアと中国の爆撃機の海上での共同飛行を特徴とする、日本周辺での軍事作戦を強化している。 インド。


関連する報道:

ロシアの潜水艦が日本海にミサイルを発射:レポート

アメリカの空母、日本の自衛隊が日本海で演習を行う

日本のGSTF、米海軍は、中国の力が成長するにつれて、オフショア訓練を実施します


READ  悪い場所での新日本からの最高のショー