Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は太陽光パネルにおける中国の優位性を覆す可能性のある技術を開発中

日本は太陽光パネルにおける中国の優位性を覆す可能性のある技術を開発中

日本のテクノロジー新興企業が、世界の太陽光パネル市場における中国の優位性に挑戦する可能性のある薄くて柔軟なフィルムを開発している。

この技術は、光を電気に変換できるペロブスカイトと呼ばれる結晶構造を形成する鉱物を使用します。 ウォール・ストリート・ジャーナルが木曜日に報じた。

ペロブスカイトセルに関する以前の研究では、ペロブスカイトセルはシリコンほど効率的ではなく、湿気に弱いことが示されていました。 しかし、技術は劇的に進歩しており、曲面に巻き付けて、屋内であっても暗い場所で発電できる、軽くて柔軟なソーラー製品が可能になっています。

日本の岸田文雄首相は、ペボスカイト技術を2年以内に商業化すると約束した。 同州は企業の生産拡大を支援するために4億ドル以上を割り当てている。 米国エネルギー省は、2022年度にペロブスカイトを含む太陽電池技術に2,900万ドルのプログラムを計画していた。

エニコットテクノロジーズは、京都大学教授が共同設立したスタートアップで、今年末に商業生産を開始する予定だ。

「シリコンパネルが使用できない場所をターゲットにしていきたい」とエネコート社最高技術責任者の堀内保氏は同紙に語った。 「そこにはもっと大きな市場があると考えています。」

ペロブスカイトの問題の 1 つは、結晶が湿気にさらされると分解する可能性があることです。 積水化学工業 同社はペロブスカイト電池を最長10年間使用できるようにするシーラントを開発中である。

中国企業はシリコン太陽電池パネルの世界のサプライチェーンの80%以上を支配している。 国際エネルギー機関

国際エネルギー機関によると、中国は2011年以来、欧州の投資額の10倍にあたる500億ドル以上を新たな太陽光発電に投資し、30万人以上の製造業の雇用を創出した。

日本は新しい太陽電池技術の開発においてリーダーであるかもしれないが、以前は太陽エネルギー競争に敗れた経験がある。 当初は従来型の太陽光パネルを独占していましたが、中国政府からの金融援助を受けて生産量を増やし、価格を引き下げた中国に追い抜かれました。

READ  TriangleStrategy1.0.3が利用可能になりました。パッチノートの全文は次のとおりです。