Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は実験的な防衛技術を搭載した新しいH3ロケットを破壊します

日本は実験的な防衛技術を搭載した新しいH3ロケットを破壊します

東京 — 日本の宇宙機関は、20 年以上ぶりの新しいロケット シリーズの第 2 段階での着火失敗の後、火曜日の打ち上げから数分後に新しい H3 ロケットを意図的に破壊しました。

このロケットには、国防省が開発した実験用赤外線センサーである高度陸上観測衛星 (ALOS-3) が搭載されていました。ALOS-3 は、ミサイル発射を含む軍事活動を監視することができ、主に地球観測と、災害対応と地図作成のためのデータ収集を目的としています。

原勝彦文部科学大臣は、前世代のALOSに代わる代替衛星を打ち上げる計画はないと述べた。 彼は、遅延が災害やミサイル探知能力にどのように影響するかについては言及しなかった.

H3 の失敗は、日本の宇宙計画 (およびそのミサイル探知プログラム) にとって後退であり、打ち上げから 3 週間後に別の不具合が発生し、火曜日の再打ち上げを応援していた宇宙ファンを失望させました。

南日本の種子島宇宙センターからファンと地元の人々が歓声を上げる中、先端が白い H3 ロケットが青空に飛び立ちました。 宇宙航空研究開発機構によると、それは計画された軌道をたどり、第 2 段は設計どおりに分離されましたが、点火に失敗しました。

JAXA の関係者は失敗について謝罪し、ロケットが任務を完了すると確信していなかったため、14 分後にロケットを破壊するコマンドを送ったと述べた。

第2段とそのペイロードは、フィリピン東海岸沖の深海に落下したと、JAXAの打上げ運用責任者である布野康弘氏は述べた。 彼は、燃料が多すぎて意図した軌道に入らないロケットは安全ではなく、破壊されるべきだと述べた。

ロケットの破壊や破片の落下による損傷や怪我はありませんでした。

科学衛星を打ち上げるために設計されたイプシロンシリーズの小型固体燃料ロケットが10月に失敗して以来、半年で2回目の失敗でした。

H3 の発売は、エンジン開発の遅れにより 2 年以上延期されました。 2 月の打ち上げの試みでは、メイン エンジンの点火後の電気的障害により、リフトオフの直前に打ち上げが中止され、ロケットは救われました。

さらなる遅延が予想されますが、JAXA の関係者は、停止を分析し、信頼を回復することが優先事項であると述べました。

JAXAの山川浩理事長は共同記者会見で、「原因を究明し、ロケットへの信頼を回復するために全力を尽くすことが最優先だ」と語った。 「次のリリースを成功させるために何をする必要があるかを理解する必要があります。」

グローバルな競争力はさらに重要であると山川氏は述べた。 「遅延や追加費用は負担となるが、衛星提供におけるコストと利便性の観点から国際競争力を実現する」と述べた。

日本初の新シリーズである H3 ロケットは、日本の H-2A ロケットに代わるものとして、JAXA と三菱重工業によって 2000 億円 (10 億米ドル) の費用で開発されました。 その次の 50 号。

H3 は全長約 60 メートル (196 フィート) で、53 メートル (174 フィート) の H-2A よりも大きなペイロードを運ぶことができます。 しかし、設計、製造、操作を簡素化することで、打ち上げ費用は約5,000万円に削減されました。 水素燃料主機関は新開発で、燃焼方式の変更により部品点数を削減。

宇宙打ち上げビジネスは、SpaceX や ArianeSpace などの大手企業との競争が激化しています。

READ  マンション・グローバル・デイリー:新型コロナウイルスによるロックダウン後、裕福な中国人バイヤーが日本に殺到