Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は岸田が厳しい対応を誓う3番目のオミクロン事件を抱えています

日本は月曜日に、岸田文雄首相が感染の再発の可能性の最悪のシナリオに基づいて厳格な措置を約束したので、新しいオミクロンの3番目のケース(イタリアからの旅行者)を確認しました。

日本では、9月以降、毎日のCOVID-19の症例数が急激に減少しています。

松野官房長官は記者団に対し、オミクロン株の3番目の確認された症例は、12月1日に東京の羽田空港にイタリアから到着した際に陽性と判定された30代の男性であり、その後隔離されたと語った。

岸田文雄氏は、国会への政治演説で、日本がウイルス対策に甘んじているという以前の批判を受けて、リスクを冒さないと述べた。

当局は、11月下旬に日本に到着した旅行者向けのオミクロンバリアントの2つのケースをすでに確認しています。岸田政府は、行き過ぎに対する激しい批判に直面した後、すぐに注文を取り下げる前に、国際航空会社に新規予約の停止を求めるよう促しました。

日本は緊急時の予防措置として、すべての外国人の到着を事実上禁止しています。

日本の通商省も月曜日、国連原子力発電所チームによる12月中旬の福島第一原子力発電所への訪問が新たな懸念のために来年まで延期されたと発表した。

チームは、破壊されたプラントから海に処理された放射性水が2023年に放出される前に、準備を評価する必要がありました。

復員計画は、中国や韓国を含む日本の隣国からの批判だけでなく、激しい国内の反対に直面した。

日本は、排出量が安全基準を満たしていることを確認し、国際社会の理解を得るために、国際原子力機関の支援を要請しました。

2011年の大地震と津波により、福島第一原子力発電所の3基の原子炉が甚大な被害を受け、汚染された冷却水が漏えいした。 駅のオペレーターは、水タンクは来年遅くにいっぱいになるだろうと言います。

日本の当局者は、植物をきれいにするために水の処分が必要であると言います。

READ  爆発するブラックホールのこの素晴らしい写真をお見逃しなく