Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は島の防衛のために「数百」の神風無人機を計画している:報告

日本政府は来年、島嶼防衛用の神風無人機を試験的に導入する予定です。 読売新聞 明らかに ソースを引用します。

防衛省は、2023 年の予算要求で攻撃ドローンの使用を導入しました。

サイズと価格は今年末までに決定される予定です。

日本は現在、戦闘ドローンを持っていません。 ノースロップ・グラマン・グローバル・ホークやボーイング・インシチュ・スキャン・イーグルなど、米国製のスパイ機を配備している。

島の防衛のための神風無人偵察機

アウトレットによると、計画は主に九州から南西に台湾に広がる南西諸島に数百機の国内外のドローンを配備することです。

日本の自衛隊は、大規模な配備の前に漂遊弾薬を評価します。

検討中のドローンには、イスラエルのハロブとアメリカ製のスイッチブレードが含まれます。 空爆は、警告と守備隊の保護を受けて、島に上陸する船と軍隊を侵略することを目的としていました。

トルコの戦闘無人機 Bayraktar TB2 が考えられます。 読売新聞 が追加されました。

ポリシーの変更

アウトレットによると、東京は2015年以来、攻撃ドローンを軍隊に導入するための暫定的な措置を講じています. ロシアとの戦争でのウクライナ軍の無人偵察機の使用は、政策立案者の紹介を早めました。

同省はまた、予算要求で高出力レーザーとマイクロ波に基づく対ドローンシステムの研究資金を求めています。 によると する 朝日新聞。


READ  INPEXが日本の沿岸掘削事業を開始