Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は成長、公平、小規模という三位一体の政府の中にある

日本は成長、公平、小規模という三位一体の政府の中にある

以下は著者の新書からの抜粋です

北欧経済、米国、日本は、不平等、成長(特にグローバリゼーションとイノベーション)、そしてそれらを決定する政府の選択と機能に関連する問題に対処しようとしていた。 この点に関して、彼らは意思決定において異なる好みを示しました。

不平等の拡大による圧力に直面している北欧経済は、拡大する不平等に抵抗し、平等主義社会を維持することを優先してきた。 一方で、米国は広範な不平等に対して比較的寛容であり、日本はその中間に位置します。

グローバリゼーションとイノベーションによる成長促進という点では、北欧諸国と米国は積極的に取り組んできました。 それに比べて、日本は両方の点で成果が遅く、限られている。

最後に、政府の機能に関しては、米国はその機能を制限し、市場メカニズムへの依存度を高めている。 対照的に、北部諸国は発生した問題に対処するために政府機能を拡大した。

日本の政府の仕事は、両者の中間に位置します。

人々の間の不平等を抑制して平等社会を実現する、グローバル化とイノベーションを促進して高度成長を達成する、政府の機能を制限して市場メカニズムを機能させる、この3つの目標はいずれも社会にとって魅力的なものです。

それが可能であれば、政府はこれら3要素の達成に努めなければならない。 しかし、私たちが注目していた経済圏では、これら 3 つの目標を達成できた国はありませんでした。 それぞれが達成できる最善のことは、そのうちの 2 つを達成し、残りを放棄することでした。

上記の観察により、3 つの重要な政策目標を同時に達成することは不可能であることがわかります。 可能であれば、3 つの政治目標をすべて達成することが望ましいかもしれませんが、現実には、経済が達成できるのはせいぜい 2 つだけであり、残りの目標は妥協する必要があります。

これを、成長(グローバリゼーションとイノベーションの促進)、公平(平等社会の実現)、小さな政府(最小限の政府機能のみを認める)の間に存在する「成長、公平、小さな政府の不可能なトライアングル」と呼ぶことにします。

不可能な三角形の考え方は経済学ではすでによく知られています。 国際金融では、自由な国際資本移動、安定した為替レート、独立した金融政策の間には「不可能な三位一体」が存在します。

政治経済では、ダニ・ロドリックは次のように述べています。避けられないトリレンマハイパーグローバリゼーション、国家主権、民主主義政策の間。

ここで紹介する「Impossible Triangle」は、これらの先例に触発されたものですが、不平等拡大の脅威に直面している経済の状況を理解するためのさらなる洞察を提供することが期待されています。

この画像には空の alt 属性があります。 ファイル名は9781032014999.webpです。
ジャケット画像:ラウトレッジ

「不可能なトライアングル」の観点から、米国はグローバリゼーション・イノベーションと小さな政府を選択した。 その結果、米国は低い税負担でダイナミックかつ回復力のある経済を維持することができ、他の先進国と比較して比較的高い成長を享受することができます。 しかし、不平等は急速に拡大しており、これは政治情勢に影響を与えています。

北欧経済はグローバル化と革新を行い、平等主義社会を維持することを選択しました。 その結果、北欧経済は比較的高い成長を享受しながら、(再分配前であっても)不平等の拡大が限定的である社会を維持しています。

この選択の代償は、政府が経済資源の大部分を管理し、労働市場に大幅に介入する巨大政府(「福祉国家」)である。

日本の場合、小さな政府を維持しながら平等社会を維持することを選択した。 その結果、格差は米国ほど拡大せず、政府機能も北欧経済ほど拡大しなかった。

しかし、どちらの目標も、グローバリゼーションとイノベーションを抑制し、その両方から生じる不平等の上昇圧力を抑制することによって達成されました。 この選択の代償として、日本経済は低成長に耐えなければならなかった。

Impossible Triangle は、政府が直面する選択を明確に示す枠組みを提供します。 経済が直面している現状を理解するのに役立つはずだ。 また、経済が政策を変更しなければならないときに利用できる将来の選択肢を考えるのにも役立つはずです。

斉藤 潤氏は、日本経済研究センターの主任研究員です。 東京大学で経済学を学び、オックスフォード大学で経済学の修士号を取得しました。 経済企画庁と内閣府の政府エコノミストとして、2007 年から 2012 年まで経済調査局長を務めました。その間、国際通貨基金と日本政府でもエコノミストとして勤務しました。経済研究センター。

この記事は、 日本と成長、株式、小さな政府という不可能なトライアングル ジョン・サイトー著、著作権 2024 Routledge。 Taylor & Francis Collection の許可を得て複製。

READ  コロナウイルスに襲われた東京のクルーズ船会社は、よりスムーズな航海を望んでいます