Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は攻撃から24時間以内にウクライナと会談することで合意

日本は攻撃から24時間以内にウクライナと会談することで合意

政治

ファザーノ、イタリア、6月13日(GGプレス)-日本の岸田文雄首相とウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は木曜日、ウクライナへの軍事攻撃から24時間以内に会談を開催することで合意した。

この合意は、イタリア南部プーリアでの主要7カ国首脳会議に合わせて両首脳が署名した、ウクライナの再建と再生における長期協力に関する二国間文書に盛り込まれた。

この文書は昨年7月にG7首脳とゼレンスキー氏が採択した共同声明に基づいている。 日本の外務省によると、英国やドイツなど15カ国がすでにウクライナと同様の文書に署名している。

日本とウクライナの文書は、戦争放棄に関する日本国憲法第9条によって課せられた防衛・安全保障協力の制限について言及する一方、日本政府が非協力の装備品や物資を提供し、負傷兵を治療し、NATO信託基金に資金を提供すると言及している。

この文書は、ウクライナの再建と活性化に向けて、地雷除去、瓦礫の撤去、人権状況の改善、人々の生活再建、産業発展への支援における日本の支援を求めている。 日本政府はこれまでに総額121億ドルの援助を約束しており、文書にはその金額が2024年まで提供されることが示されている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

GGプレス

READ  日本とインドネシアはアジア全体の排出削減の一環として協力している