Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は政府のブースターブレイクが短い

NHKは、日本の保健省が、少なくとも6か月前にセカンドショットを受けた人にコロナウイルスブースターワクチンを接種できるように手配していることを認識しています。

情報筋によると、ブースターショットの基準が当初の計画通り約8ヶ月以上離れていることを考慮して、同省はそのような取り決めをしているという。

証拠は、ワクチンの有効性がセカンドショットの6ヶ月後に低下し始めたという外国の報告を省が考慮に入れたことを示唆しています。

同省は月曜日に諮問委員会に新しい計画を提示することを計画している、と情報筋は言った。

同省は、少なくとも8か月前にセカンドショットを受けた人々に追加免疫を開始するための準備をするよう地方自治体に要請した。

現在の計画では、医療スタッフ、高齢者、その他の市民に対する同様の予防接種が来月1月に開始される予定です。

しかし、同省の最新の提案では、一部の高齢者が年末までに6か月の制限に達するため、一部の地方自治体がブースターショットのスケジュールを立てることを余儀なくされると予想されます。

一部の地方自治体は、NHKが自社製品を調整し、十分な数の場所とスタッフを確保するのは難しいと感じるだろうと述べた。

また、中央政府が新プロジェクトを開始するために必要な金額を適時に提供することへの懸念も高まっています。

同省は月曜日に始まり、ファイザー-バイオエヌテックのブースター効果を全国の地方自治体、医療機関、その他の組織に提供します。

READ  日本の新首相は選挙に関して支配を楽しんでいます