Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は政府開発援助融資パッケージの下、第7回トランシェで15億ドルを融資する予定

日本は政府開発援助融資パッケージの下、第7回トランシェで15億ドルを融資する予定

日本は、非常に重要なマタバリ石炭火力発電プロジェクトに対して、2,175億5,600万円(約15億米ドルに相当)の円借款を供与する。

日本の第44次政府開発援助借款パッケージ(第2トランシェ)に基づくプロジェクトの第7トランシェに関する「交換公文」と「貸付契約」が、ダッカの経済関係局(ERD)のNEC-2カンファレンスホールで2月25日に署名された。土曜日。

第44回融資の第2回融資額は2,175億5,600万円。 在日大使館のプレスリリースによると、第1ラウンドの総額は300億円だったため、第44回ラウンドの総額は2,475億5,600万円(約16億7,000万米ドル)となる。

第7回トランシェでは、国際協力機構(JICA)からの融資の利率は建設が1.60%、コンサルティング・サービスが0.10%で、返済期間は10年の据置期間を含む30年となる。 期間。

国際協力機構(JICA)によると、前払い手数料(1回あたり)は0.2%となる。

ERDのシャリファ・カーン書記は政府を代表して「交換公文」と「借款契約」に署名し、岩間公則駐バングラデシュ日本大使は「交換公文」に署名、JICA首席代表の市口智秀氏は政府を代表して「借款契約」に署名した。政府。 日本政府。

5,185億4,000万タカのマタバリ石炭火力発電プロジェクトは、コックスバザール地区傘下のマヘシュカリ郡マタバリに1,200MWの発電所を設置することで、増大する電力需要に応え、安定した電力供給を確保するために実施されている。

総費用のうち、政府の負担額は640億6,000万タカ、JICAの負担額は4,392億1,000万タカと見積もられている。

国際協力機構(JICA)によると、このプロジェクトは2014年7月に開始され、2026年12月まで継続される予定。2023年8月時点で、プロジェクトの物理的進捗率は78.30パーセント、財務的進捗率は65.14パーセントとなっている。

JICAはこのプロジェクトをさまざまな段階で支援しています。 JICAはすでに6回に分けて4,377億5,400万円を支援している。 この第7回円借款では、JICAは2,175億5,600万₱2,175億5,600万₱を提供する予定です。

協定調印式のスピーチで日本大使は、このプロジェクトが増大する電力需要への対応とエネルギー源の多様化に貢献することが期待されると述べた。

同氏は、このプロジェクトが北東インドへの接続という点で重要であると説明し、「ウィンウィンのパートナーシップを構築するためにバングラデシュ政府および国民との協力を拡大することに全力を尽くしており、今やこれが『戦略』である」と述べた。私たちの豊かな未来のためのパートナーシップ」。

日本はバングラデシュにとって最大の二国間開発パートナーである。 日本はバングラデシュ独立以来、バングラデシュの社会経済発展を継続的に支援してきました。

現在までの政府開発援助の約束は303億4,000万米ドルを超えています。 日本の融資や無償資金協力は、エネルギー、道路、橋梁、通信、農業、保健、教育、上下水道、農村開発、環境、人材育成など幅広い分野で活用されています。

[email protected]

READ  米ドル/円ペアは日本の弱い数字を受けて肩をすくめ、日本のGDPもそれに続く