Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は新しいタイプのデルタバリアントの最初のケースを確認します

研究者によると、コロナウイルスの非常に伝染性の高いデルタ変異体の新しい突然変異を含む最初の症例が日本で確認されており、これまでに世界中で報告されているのは8つだけです。

東京医科歯科大学の竹内博明准教授が率いる研究チームが月曜日に発表した 現在の状況では デルタバリアントサブシリーズの最初の症例は、8月中旬にCOVID-19患者で確認されました。

ゲノム分析に基づいて、研究者らは「後者の症例は局所的に変異した可能性が非常に高い」と述べ、患者は海外旅行の病歴がないと付け加えた。

後者のケースにはN501S変異が含まれています。これは、昨年英国で最初に特定されたN501Yとして知られるアルファ変異体の変異に類似しています。 メディアの報道によると、これまでに、インドやイスラエルなどの国々で、デルタバリアントの少なくとも12件の提出が世界中で確認されています。

患者がN501Y変異を持つコロナウイルス変異体に感染すると、二次感染や重度の症状や死亡のリスクが高くなります。 N501YとN501Sは類似しているため、研究者はN501Sの患者が同様の予後を経験する可能性があると考えています。

彼らは、新しい突然変異が元のデルタ変異体と比較してどれほど効果的であるかを確認するために、より多くの研究が必要であると言いました。

東京医科歯科大学で治療を受けたCOVID-19患者から収集されたゲノムの分析により、変異が確認されました。

分析はまた、デルタ変異の患者がコミュニティの広がりのために6月下旬から7月下旬の間に急速に増加したことを示しました。

乗客は8月2日に東京の品川駅に到着します。 | ロイター

現在、デルタバリアントは日本で成長しています。 保健省の最新データによると、 8月16日の週にバリアントスクリーニングのために選択された17,701のCOVID-19症例で、1,046の新しいデルタバリアント症例が発見されました。

これとは別に、研究者らはまた、少なくとも2つのデルタバリアントサブライン(AY.4とB.1.617.2)が7月に日本に存在した可能性があると結論付けました。 しかし今、彼らはデルタ変異体のB.1.617.2株のみを発見しました。

デルタ変異体による最初の感染は、4月20日に日本で発見されました。 世界保健機関によって懸念される4つの変数の1つとして分類されたデルタは、日本の一部の地域で他のバージョンを急速に上回り、現在、東京の全症例の95%を占めると推定されています。

日本ではデルタ型が増加しているため、19歳以下の患者数が増加していると、保健省のコロナウイルス委員会は先週、学校に感染拡大を防ぐための適切な対策を講じるよう求めた。病気。 感染症。

米国疾病予防管理センターは、デルタ変異体は水痘と同じくらい伝染性であり、以前の変異体の約2倍伝染性であると信じています。

この研究は、東京医科歯科大学大学院医歯学研究科、難治性疾患研究所ゲノム解析研究室、東北大学病院のウイルス学と感染症の専門家が共同で実施したものです。

誤った情報と多くの情報の両方の時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読する

フォトギャラリー(クリックして拡大)

READ  スチュワートインベスターズアジアパシフィックリーダーズサステナビリティ:2021年9月ファンドアップデート