Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は新車の意図しない加速を防ぐ技術を必要としている

日本は新車の意図しない加速を防ぐ技術を必要としている

日本の運輸省は、すべての新型オートマチック乗用車に、ドライバーがブレーキの代わりにアクセルを踏んで意図せず加速するのを防ぐ技術の搭載を義務付けると発表した。

この国は高齢者人口の急速な増加に直面しており、来年6月に発効予定の国連の新規則に沿って、この新規則が高齢ドライバーによる交通事故の削減につながることが期待されている。

斉藤鉄運輸大臣は6月下旬の記者会見で、「日本は早ければ2022年にもこれを国際標準とすることを提案している」と述べた。

ペダル踏み間違い事故を防止するトヨタ自動車の装置(2018年12月、愛知県長久手市で撮影)。 (共同)

同氏は「新たな規制に備え、自動車の安全性の向上に努める」と述べたが、この条件を導入する正確な時期は明らかにしなかった。

この技術により加速が抑制され、ドライバーが大きな物体から1〜1.5メートルの距離でアクセルペダルを完全に緩めた場合でも、衝突する前に車が停止するか、衝突する場合は時速8キロメートル未満に減速します。衝突は避けられません。

同省によると、この技術が作動すると、車の画面に「アクセルから足を離してください」などの警告も表示されるという。

今年11月に国連規則が正式に承認されたことを受け、同省は規則を見直す予定で、既存モデルの新車に適用する前に、新型オートマチック車にまずこの技術を搭載するよう義務付ける。

同省によると、マニュアルトランスミッション車はアクセルペダルの踏み間違いによる事故が起こりにくいため、新規制の対象外となっている。

日本のほとんどの新車にはすでに同様の技術が搭載されており、一部の自動車メーカーは既存車に搭載可能な製品も販売しています。

交通事故総合研究所によると、2023年に日本ではドライバーのブレーキとアクセルの踏み間違いによる交通事故が3,110件発生し、38人が死亡、4,343人が負傷した。


関連報道:

トヨタの5月の世界生産は、中国での価格競争の影響で4カ月連続で減少した。


READ  グローバル反UAV技術市場レポート2021-2027: