Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は木曜日にKovit-19緊急事態を完全に削除します

木曜日の時点で、政府は東京と他の18の州をカバーするCOVID-19非常事態の完全な解除を検討していると情報筋は言った。

政府は現在、19の地域で、それほど深刻ではない緊急事態を緊急事態に置き換える計画はありません。

政府は火曜日のコロナウイルス対応本部会議で緊急宣言を終了するかどうかを正式に決定する前に、地方自治体の意見を聞くことが期待されている。

日曜日、田村憲久保健相は、政府が計画通りに月末までに非常事態を解除することを望んでいると述べた。

田村氏はテレビ番組で、最近の新たな感染数の減少などの理由を挙げ、「9月末までに非常事態が解除されているのを感じることができる」と述べた。

しかし田村氏は、冬の感染症の再発リスクに焦点を当て、感染リスクを高める行動を避けるよう国民に促した。

彼は、市民と企業に対する制限の緩和は、政府が計画した政府によるテストの結果に沿って、非常事態宣言が解除された後、段階的に実施されるべきであると述べた。

田村氏は、冬に備えて、仮設医療施設の設置、医療関係者の保護、在宅治療体制の整備の重要性を強調した。

大臣は、追加ワクチン接種の具体的な有効性を認めながら、政府はそのような用量を取得するように助言された市民の意図を検討すると述べた。

彼はまた、子供たちが家庭で感染を広めるリスクを考慮して、ワクチン接種を受けた個人の最低年齢を下げる可能性を研究する必要性を指摘しました。

誤った情報と過剰な情報の両方がある時代に、 質の高いジャーナリズムはこれまで以上に重要です。
購読することで、あなたは私たちが物語を正しく理解するのを助けることができます。

今すぐ購読

フォトギャラリー(クリックして読む)

READ  日本のニトリ家具チェーンが低価格のステーキハウスをオープン