Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は来年1億2000万以上のファイザー政府-19ワクチンを受け取るでしょう

2021年9月21日、セビリアのナーシングホームのテーブルで、コロナウイルス病に対する「Comirnati」ファイザーバイオエンテックワクチン(Govit-19)が充填されたボトルと注射器が見つかりました。

東京、10月8日(ロイター)-日本はファイザー社(PFEN)と2022年1月からさらに1億2000万個のKovit-19ワクチンを供給する契約を締結したと保健省は金曜日に述べた。

日本は、ファイザーとバイオエンデックSE(22UAy.DE)によって開発された輸入用量のショットを使用して2月にワクチン接種の取り組みを開始しました。 その国は2020年までに約1億9400万回分、つまり9700万人に十分な量を購入することを計画していました。

開始が遅れて以来、日本の人口の約63%が米国のレベルに対して完全に予防接種を受けています。 しかし、ショットのパフォーマンスが時間の経過とともに低下したり、新しいバリエーションが出現したりすることが懸念される中、国は現在、ブースターショット用の追加の材料を入手しようとしています。

Dakota Pharmaceutical Co.(4502.T)は、今年は5,000万回分のModernna Inc.(MRNA.O)ワクチンの輸入と流通を担当し、来年はさらに5,000万回分を処理します。

同社はまた、来年、Novavox Inc.(NVAX.O)の処方を使用して製造される1億5000万回分のワクチンを日本政府に販売することに合意しました。

ロッキースウィフトの声明; Christopher Cushing&SimonCameron-Mooreによる編集

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  4カ月ぶりに日本の景況感悪化