Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は東芝のための政府支援基金消費者オファーを検討します:レポート

ファイル写真:パートナーとしての東芝のロゴは、2017年3月30日に日本のシバで開催された臨時の利害関係者会議に出席します。 ロイター/花井徹/ファイル写真

東京(ロイター)-日本投資公司(JIC)と産業革新機構は東芝の買収を検討している、とニコン工業親藩は木曜日に語った。 日本主導のオークションは、外国資金の競争力のある提供よりも規制当局や経営陣にとって興味深いかもしれません。

すでに東芝に予備オファーを提供しているプラ​​イベートエクイティファンドのCVCキャピタルパートナーズがコンソーシアムをプライベートにする取り組みに参加するかもしれないが、日本のファンドがオファーを主導すると同紙は述べた。

同紙は、政府関連の他の基金がオークションに参加できると述べた。

JICはロイターから連絡を受けたときコメントを控えたが、ノリンチュク当局者はすぐには連絡が取れなかった。

CVCは今月初めに東芝の民営化を提案しました。これはまもなく200億ドルの計画の詳細を提供する予定です。

東芝のグループ会長は、これまでのところ「物資不足」としてCVCの提案を批判しており、戦略的技術を備えた日本企業への外国投資の条件があるため、慎重に検討する必要があると述べた。

東芝の技術は、ミサイル誘導やその他の防衛システムで使用されています。

メディアの報道では、このオファーを考慮して、KKR&CoInc。とBrookfieldも指名されています。 日経新聞は水曜日に、CVCがパインキャピタルと合併することを計画していると報じた。

最新の声明は、ガバナンス問題で批判を受けている元リーダーの車谷信樹氏をめぐる論争の末、東芝が新最高経営責任者を任命した翌日である。

梅川崇と山崎真紀子による報告。 安藤律子脚本の作品。 SriNavaratnamとChristopherCushingによる編集

READ  より良い貿易政策はアメリカの農民との日本牛肉を避けるかもしれない