Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は水素のスーパーパワーになりたい

N2016東京 当時の知事である増井雄一氏は、1964年の東京オリンピックが新幹線を離れたように、2020年に日本の首都が主催するオリンピックは「水素コミュニティをその遺産として残す」と予測した。 その年の後半、増鈴は経費スキャンダルのために辞任した。 しかし、東京が7月23日のパンデミックの遅れた開会式の準備をしている間、彼の夢は続きます。

この話を聞いてください

より多くのオーディオとポッドキャストをお楽しみください iOS または アンドロイド

オリンピック聖火は初めて水素を燃やしました(炎が無色であってもかまいません)。 職員は、水素を消費し、水蒸気のみを放出する燃料電池と携帯用発電所で走る約500台のトヨタ車と100台のバスで輸送されます。 川崎キングスカイフロント東急レイは、廃プラスチックから抽出された水素からエネルギーを得ています。

確かに、すべてがきちんとしている。 だけでなく、最も軽いガスのように重要ではありません。 燃料電池車は、トヨタや他の日本企業による20年間の努力にもかかわらず、マス市場から何マイルも離れています。 燃料補給インフラの欠如、小型車への物の保管の難しさ、そして燃料電池の持続的な高コストはすべて、輸送の脱炭素化における水素の大きな役割に反しています。

しかし、日本は水素に超大国を持っています。 舞台裏では、同社の企業は、脱炭素化が困難な重工業やその他のセクターで魅力のないアプリケーションを追求しています。 政府はそうするように彼らを扇動しています。

たとえば、6月には、日本の経済産業省(デッド(DRIに切り替えることで鉄鋼業からの炭素排出量を削減する計画を立てる)DRI)。 このプロセスは大幅に少ないエネルギーを使用し、必要な工業化学の気候にやさしい成分(一酸化炭素など)の一部を置き換えることができます。 デッド 産業界は、2030年までに高炉での水素の使用を商業化するために数十億ドルを費やしています。コングロマリットである三菱重工業は、オーストリアに炭素中性の製鉄所を建設しています。 新日本製鐵が欲しい DRI この技術は2030年までに商用利用される予定です。

日本企業も原料生産に乗り出している。 各分子には4つの水素原子と1つの炭素が含まれているため、水素を生成する最も簡単な方法は、メタンを取り除くことです。 「改革」として知られるこのプロセスは、その副産物が地球を暖める炭素であるため、安価ですがずさんなものです。 水素はアンモニアや水からきれいに作ることができますが、これはより高価です。 コストを削減するには、 1月最近、日本最大の石油精製業者は、2030年までに巨大なプラントを建設する計画を明らかにしました。それは、Hの洗浄コストを削減するために電気分解プロセスを使用します。2 付与2ああ、3分の1。

7月、日本の産業コングロマリットである丸紅は、オーストラリアの投資会社であるプロビデンスアセットグループと、再生可能エネルギー、バッテリー、水素貯蔵を組み合わせた30のソーラーファームを下流に開発する契約を結びました。 最終的にはグリーン水素の日本への輸出を目指しています。 川崎重工業は最近、世界最大の液化水素貨物船を建造するための規制当局の承認を受けました。 新幹線ほど印象的ではありません。 しかし、おそらくもっと重要なのは。

この記事は、「BurningClean」という見出しの下で印刷版のビジネスセクションに掲載されました。

READ  ZTEの最新のアンダーディスプレイセルフィーカメラはわずかに改善されているように見えます