Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は沖縄で米軍の有毒水を集めて処分している



2018年1月27日のミネアポリスシンパン便から見た沖縄県ジェノアの米海兵隊空港ふてんま。

防衛省などは9月17日、沖縄県の米軍基地で発生した未処理の汚染水を回収・処分する費用を日本が負担すると発表した。

この動きは、沖縄県ジェノアにある米海兵隊空港ふてんまの職員が、化学物質の濃度を下げた後、有毒物質を含む水を公共下水道に直接こぼした後のことです。

空港は、発がん性のあるパーフルオロオクタンスルホン酸(PFOS)を含む廃水を基本的な地下タンクに貯蔵しています。 海軍は8月26日、日米政府から沖縄県からの撤退を求められたにもかかわらず、約64,000リットルの汚染水を地元の下水道に投棄した。 この行動は、日本と沖縄の政府や他の組織からの反対を引き起こした。

廃水は、PFOSやその他の有毒化合物を含むフォームを使用したファイアドリルによって生成されました。 米軍によると、約36万リットルの汚染水があります。 日本は約9,200万円、つまり約836,000ドルの燃焼コストを削減します。

米軍は、ハリケーンによる大雨で貯蔵タンクが浸水する恐れがあると述べ、国防総省は「暴風雨問題による緊急暫定措置」と呼んだ。

(遠藤隆康、名葉局、松原義武、東京市通信社の原作)

READ  日本では、納税者は新鮮な果物と真空ステーキの贈り物を楽しんでいます