Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は注射可能なモダーナワクチンが高度に汚染されていると主張している

日本の田村憲久保健相は火曜日、沖縄南部のモダナコビット-19ワクチンで見つかった汚染は、100万回の投与が中断された後の浄化の日に針がバイアルに挿入されたときに発生した可能性があると述べた。

田村氏は、調査を継続し、ワクチンに含まれる異物が公共の安全にリスクをもたらさないことを国民に安心させるよう努めることを約束した。

田村氏は記者団に対し、「何らかの理由で(外交上の)安全保障などの問題はないと聞いている」と述べた。

彼は、ゴム栓が壊れて針がバイアルに正しく挿入されなかった可能性があると信じて、異物が他のワクチンと一緒にバイアルに入るのは珍しいことではないと述べた。

政府の危機を受けて、政府は日本の予防接種運動に大きな打撃を与え、沖縄と国馬の2つの州で予防接種を停止しました。

京都ニュースによると、茨城県、埼玉県、首都圏、木府県、市県を含む7つの州でボトルネックが確認されています。

保健省は、注射器に黒いものが見つかり、別の注射器にボトルとピンクのアイテムが見つかったと述べました。

その後、同省は、8月15日と22日に2回目のワクチン接種を受けてから数日後に死亡した38歳と30歳の2人の男性の死亡を調査していると述べた。 ロイターは、両方とも彼らが中断されたところからの線量を持っていたと報告しました。

両方とも2回目の投与を受けた後に発熱を訴え、2日後に死亡した。 保健省当局者は記者団に、彼らの映像に汚染の証拠はなかったと語った。

「現在、これらの死亡と現代のワクチンとの関連は確認されていませんが、問題をさらに調査するために体系的な調査を実施することが重要であると考えています」と、日本で現代のワクチンの販売と流通を担当するダカタは、土曜日に発表された声明の中で述べた。

河野太郎ワクチン相は金曜日、これまでに3つの中断されたワクチンの注射を受けた約50万人が特定されたと述べた。

8月8日の時点で、ファイザーカウイットの射撃で991人が死亡し、モデルナの射撃で11人が死亡しました。 しかし、保健省は、死者と現場の間に関連性はないと述べた。

ワクチンをめぐる懸念日本は、オリンピックとパラリンピックの激化にもかかわらず、政府の批判の中で、これまでのところCovit-19の最悪の発生に直面しています。

症例数の着実な増加は、国の多くの地域で医療制度を急落させましたが、東京都は患者のためのより多くのベッドを求めています。

国の人口の約45パーセントが予防接種を受けています。 日本は月曜日に13,625の新しい感染を追加し、その合計は147万になりました。

READ  2隻の中国船が成都諸島沖の日本の海域に入る、ワールドニュース