Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は海外での軍事利用のリスクがある技術研究を開示してはならない

この問題に近い情報筋は金曜日、情報が海外での軍事利用や国益を危険にさらす可能性がある場合、日本政府はバイオテクノロジーに関する研究結果を公開しないと述べた.

情報筋によると、経済安全保障法で特定された先端技術に関する研究結果は、政府関係者と民間部門の研究者で構成される団体内でのみ共有され、機密情報はさらなる機密保持契約の対象となる.

2022年8月10日の内閣改造後、都内で記者会見に臨む武市佐奈経済安全保障担当大臣(共同)==共同

この協会は、政府が導入を計画しているセキュリティ クリアランス システムの試験的なものであり、精査された個人のみが機密情報の取り扱いを許可されます。

法律には、ミサイルの開発に使用できる極超音速技術や衛星監視システムに発展できる宇宙関連技術など、20の技術が潜在的に重要であるとリストされています。

急速に変化する安全保障環境の中で、米国、中国、ロシア間の競争が激化する中で、日本のハイテク分野での進出への意欲が高まっています。

5月に成立した経済保障法は、官民連携による最先端技術の開発を促進するため、研究分野ごとに協会を設立する枠組みを提供している。

政府は、国家経済保障基金からの研究に約 5,000 億円 (38 億ドル) を投資する予定です。

結果は、防衛や沿岸警備隊などの軍事目的での使用が予想されるものを除いて、技術の開発と実用化において大学、地元企業、およびその他の組織を支援するために公開されます。

政府はまた、研究目的で提出された機密情報に機密保持契約を課し、違反した場合は最高で 1 年間の懲役が科せられます。

セキュリティクリアランスシステムの導入は、新しい経済安全保障法の起草中に提案されました。このシステムは、機密情報を外部当局と共有するために必要であることが判明したからです。

しかし、与党の何人かの議員が、試験に合格するために身元調査が必要であることに懸念を表明した後、それはまだ法律に組み込まれていません。

READ  決してドリフトしないことを約束するスイッチコントローラーに会う