Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は海外市場をターゲットにシンガポール航空ショーに企業を派遣している

日本は海外市場をターゲットにシンガポール航空ショーに企業を派遣している

シンガポール — 日本の防衛省は今週開催されるシンガポール航空ショーに国内企業13社を出展するが、これは政府が2014年に戦後の武器輸出を緩和して以来、国外最大の業界団体となる。

日本企業は何十年もの間、日本の防衛力への供給に注力してきましたが、日本の防衛政策の転換により、国内の防衛部門が世界市場に開かれました。 日本は米国とのライセンス契約に基づいて開発したパトリオット・ミサイルを出荷し、フィリピンにレーダーを輸出し、英国およびイタリアと戦闘機開発プログラムに参加した。

日本の与党は三国間戦闘員の参加を管理する規則をまだ変更していないが、政府は産業協力に資金と支援を提供している。 大手警備会社 外国企業と提携するスタートアップも。

シンガポール航空ショーの日本の出展者は、海上および輸送機、ヘリコプター、航空宇宙部品、半導体、レーダー、地理空間衛星など、すでに同国軍で使用されているさまざまなシステムを展示した。

「日本企業が世界市場に参入する機会は数多くあるが、問題は日本企業が外国企業ほど経験が浅いことだ」と同省の防衛装備品協力企画部長、防衛装備品調達・技術・物流担当の府川秀樹氏は語る。 同庁はディフェンスニュースに語った。 「この機会に日本の守備の優位性を証明したい」。

ここで展示されている製品の中には、ITとエレクトロニクスの専門家であるNEC株式会社が製造したポータブルレーダーがあります。 日本軍はこの技術を利用して、九州と沖縄の領空への航空機侵入を追跡している。

同社のマーケティングスタッフの一員でエンジニアの鹿島洋一氏はディフェンスニュースに対し、現行のレーダーシステムは同型の第一世代レーダーに取って代わられて以来、過去17年間にわたって日本の空域を監視してきたと語った。 30年前に現役でした。

鹿島氏によると、レーダーは20年間持続するが、主なセールスポイントは携帯性とセットアップの容易さだという。 「6 人のエンジニアがセットアップし、30 分以内に導入できます」と彼は説明しました。

航空ショーにはスバルのUH-2マルチミッションヘリコプターが展示されている。陸上自衛隊は現在、島の保護、人道支援、災害対応や捜索救助活動に使用している。

同軍は2022年までに150機のUH-2ヘリコプターを取得する計画を明らかにした。

スバル航空宇宙部門のエンジニア一宮公介氏によると、日本はUH-2を輸出向けに販売しており、フィリピンとインドネシアもそれぞれ関心を示しているという。

「陸上自衛隊はヘリコプターに対して非常に厳しい監査を行っているので、非常に信頼できる」と一宮氏は防衛ニュースに語った。

このヘリコプターは、プラット&ホイットニー PT6T-9 エンジン 2 基を搭載しており、Bell Basics-Pro 統合アビオニクス システムを備えています。 貨物積載量は 4,500 ポンドで、極度の暑さまたは寒さの状況でも 3 分で離陸の準備ができます。

防衛装備庁によるとイベントに参加する他の日本企業とその提供物:

  • 旭金属工業:航空機複合部品
  • EdgeCordix: エッジ AI 推論アプリ
  • 沖電気工業:コックピットビュー
  • 川崎重工業:P-1海上哨戒機、C-2輸送機、ターボファンエンジン
  • 栗本鐵工所:3D金属造形機械部品
  • 株式会社ジュピター:モバイルヘルス事業部
  • スカパーJSAT:衛星通信サービス
  • 高木鋼材:航空機用金属製品
  • 日本無線株式会社:ポータブルLTE基地局システム
  • ミツフジ:電磁波シールドと手首型ウェアラブルデバイス

レイラニ・チャベスはディフェンス・ニュースのアジア特派員です。 彼の報道専門知識は東アジアの政治、開発プロジェクト、環境問題、安全保障です。

READ  民進党の頼氏、中国の脅威の中、日本との防衛協力を監督