Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は海外買収への意欲を取り戻す

東京発-日本企業は、第2四半期の海外での合併買収の価値が、パンデミックの低迷時に記録された金額の6倍近くにまで上昇したため、海外展開を加速し始めています。

株式会社ジャパンが登録しました。 合併買収アドバイザリー会社のRecofのデータによると、4月から6月の期間に182件の取引があり、前年比56%増加し、総額は455%増の2兆1,600億円(190億ドル)になりました。

取引の回復は、特に人口減少に直面している日本の成長への渇望を示しており、ワクチンの発売が加速し、経済の楽観主義が高まっています。

コロナウイルスが発生する前は、より多くの企業が海外への多角化と投資を模索していたため、日本企業はグローバルなM&Aの過程にありました。 2019年、海外での買収の総数は過去最高の826に達しました。

パンデミックが発生すると、世界経済とサプライチェーンの混乱に対する懸念が高まる中、多くの企業が投資を抑制しました。 多くの企業はまた、投資を増やすよりも、従業員の保護と現金の節約を優先しています。

しかし、一部の国ではワクチンの展開が加速し、米国や中国などの世界的な超大国が景気回復の兆しを見せていることから、国境を越えた合併や買収に対する日本の要望は徐々に回復しています。

第2四半期には、海外での買収が1月から3月の期間と比較してもペースを上げました。 取引数は第1四半期から29%増加し、合計値は9%増加しています。

2021年上半期の取引総額はすでに4.1兆円に達しており、2020年の取引総額は4.4兆円である。

「オフショア買収の勢いは回復し始めており、過去2〜3か月でより多くの企業が当社のプラットフォームにアクセスしています」と、グローバルなM&Aアドバイザリー会社GCACorpの下でオンライン投資マッチングプラットフォームを運営しているBIZITは述べています。

今年これまでに発表された最大の買収は日立によるものでした。 電気機器会社は、同社の主力モノのインターネットプラットフォームであるLumadaの開発を目指して、米国のソフトウェア開発者GlobalLogicを96億ドルで買収する予定です。

別の日本の電子機器会社であるパナソニックは、サプライチェーン管理システムの米国開発者であるBlue Yonderの買収を71億ドルで完了することを計画しています。これは、10年で最大の買収です。

「行われる取引のほとんどは、ソフトウェアメーカーやIT関連企業を買収する日本企業です」と、日本最大の独立系M&A企業である日本M&Aセンターの国境を越えた取引のディレクターである榊原喜一氏は述べています。

彼は、「旅行の制限により、企業が海外の工場を訪問することが困難になる」ため、ソフトウェアメーカーはメーカーに比べて購入しやすいと述べています。 「日本企業は売り手の工場や運営を見ずに購入することに消極的だ」と彼は付け加えた。

テクノロジー投資グループのSoftBankGroupは、ノルウェーに本拠を置く倉庫自動化テクノロジーを専門とするロボット工学企業であるAutoStoreの40%の株式を取得することにより、30億ドル近くの新規資金を投入しました。 一緒に、彼らはパンデミックがオンラインショッピングを推進しているロジスティクス市場での成長を求めています。

最大の取引は主に欧米企業を買収した日本企業で構成されていましたが、アジアでの小規模な取引の数は増え続けています。

BIZITは、シンガポールとベトナムでの企業の購買需要が強いと指摘しています。 両国は、厳格なウイルス対策の実施のおかげで経済的回復力を示しました。

日本M&Aセンターの榊原氏は、各国が出張のために再開し、予防接種がスピードアップするにつれて、取引は引き続き持ち直されると予想している。

日本は10月か11月までに国民の予防接種を完了することを目指しています。 「国境を越えたM&A市場は、ワクチン接種が進むにつれて、来年から明るい見通しになると思います。」

一方、BIZITは、取引の成立にいくつかの困難があったと報告しています。 「売り手は可能な限り高い価格で取引を成立させたいと考えていますが、COVIDが収益に与える影響により、買い手と売り手が価格について合意することが難しくなっています」と彼女は言い、一部の取引を遅らせました。

READ  英国とオーストラリアがブレグジット後の最初の自由貿易協定に合意| 国際貿易ニュース