Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は湾岸6カ国との自由貿易協定交渉を再開する可能性が高い

日本は湾岸6カ国との自由貿易協定交渉を再開する可能性が高い


政府関係者によると、政府はペルシャ湾岸6カ国で構成する湾岸協力会議との自由貿易協定(FTA)交渉を2024年末までに再開する調整を開始した。

関係筋によると、岸田文雄首相はサウジアラビア訪問の一環として、日曜日に湾岸協力会議のジャセム・アル・ブダイウィ事務総長と合意に達する予定であるという。

サウジアラビアに本部を置くGCCには、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、カタール、バーレーン、オマーン、クウェートが含まれます。

日本は2006年にGCCと自由貿易協定の交渉を開始したが、関税撤廃などで合意に至らず、2009年に交渉は中断された。

日本は湾岸諸国との交渉を再開し貿易関係を深めることで、エネルギー安全保障を強化したいと考えている。

2020年、日本はGCC諸国から約5.4兆円相当の原油を中心とした商品を輸入し、約2.1兆円相当の自動車や機械部品をGCC諸国に輸出した。

日本はGCC諸国からの輸入品には関税を課していませんが、GCC諸国は日本から輸入されるほとんどの製品に5%の関税を課しています。

この結果、経団連などは、協定が関税撤廃・削減につながることを期待して、GCC諸国とのFTA交渉再開を政府に要請した。

GCC諸国には富裕層が多いことから、日本政府内にはFTAによって農林水産物だけでなく工業製品の輸出も増えると期待する向きもある。

ロシアのウクライナ侵攻を受けて原油価格が高騰する中、国際社会ではエネルギー供給の安定化を柱に中東諸国との通商関係を強化する動きが目立っている。

中国と韓国はすでにGCC諸国との自由貿易協定交渉を再開しており、日本は交渉を加速するよう圧力をかけられている。

岸田氏は水曜日にUAEとカタールを訪問する予定だ。

READ  日本では、キャリアがすでに提供している