Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は火星地域から地球に土をもたらす競争で米国と中国を打ち負かすことを目指しています

日本の宇宙機関の科学者たちは、惑星の起源と生命の痕跡の可能性の手がかりを見つけることを期待して、昨年火星へのミッションを開始した米国と中国に先立って火星地域から土壌サンプルを返す予定であると述べた。

宇宙航空研究開発機構(Jaxa)は、火星の衛星フォボスに着陸し、10グラムの土壌を収集し、2029年に地球に戻すために、2024年に探査機を打ち上げる予定です。

プロジェクトマネージャーの川勝康弘氏はオンライン記者会見で、高速帰国便は、火星地域からのサンプルの返還において、日本を米国と中国に先んじて開始することが期待されていると述べた。

NASAのパーサヴィアランスローバーは火星の火山の火口に着陸し、そこで31のサンプルを収集し、2031年の初めに欧州宇宙機関の助けを借りて地球に返還されます。

中国は5月に火星に宇宙船を着陸させて運用する2番目の国になり、2030年頃にサンプルを持ち込む予定です。

ジャクサの科学者たちは、フォボスの表面の表土の約0.1%が火星から来たものであり、土壌の粘稠度にもよるが、10グラムには約30粒が含まれる可能性があると信じている。

火星でサンプルを収集する最初の永続的な試みからの掘削穴(NASa / JPL Caltech / AP)

フォボスの土壌は、月自体の物質と砂嵐によって広がる火星の物質の混合物である可能性が高いと、宇宙宇宙科学研究所の臼井知宏教授は語った。

彼は、フォボスの複数の場所からサンプルを収集することは、火星の単一の場所から土壌を取得するよりも、火星から生命の潜在的な痕跡を取得する可能性が高いと述べました。

JAXAの科学者たちは、火星から来た可能性のある生命体は、フォボスへの厳しい太陽放射と宇宙線によって死ぬだろうと述べています。

NASAとESAのミッションは、可能性のある生命体と、古代湖であると考えられているジェゼロクレーター地域の進化に焦点を当てています。

碓氷氏は、火星の物質を含むフォボスの土壌サンプルを研究することで、科学者たちは火星の生物圏の進化について学びたいと望んでいると語った。

彼は、火星のクレーターの特定の場所からのフォボスとNASAのサンプルに関する日本の研究は、互いに補完し合い、火星の生命が時間と空間でどのように出現したかなどの質問への回答につながる可能性があると述べました。

昨年12月、宇宙航空研究開発機構の「はやぶさ2」は、地球から1億9千万マイル以上離れたリュウグウから5グラム(0.19オンス)以上の土壌を返還し、世界で初めて小惑星サンプルの返還に成功しました。

READ  自動車用GPS部品の市場規模は、2027年までに近い将来最大の成長を遂げています。