Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は福島のタンクの水放出のためにIAEAの支援を求めている

東京(AP)-日本は火曜日に国際原子力機関(IAEA)に、廃止された福島原子力発電所からより精製されたがより放射性の水を放出するよう要請した。

日本は、国際的な原子力専門家がプレリリースの方法、取り扱い、設備の評価を支援し、開始後すぐに品質管理と環境モニタリングを提供することを望んでいます。 梶山弘経済産業大臣は、IAEA事務局長のラファエル・クロジ氏とオンラインで会談した。

クローチェ氏によると、日本が最終決定を下すと、IAEAは梶山氏の海への放射性水の放出の安全審査の要請を全面的に支持する。 双方は、工場の一時解雇に協力することに合意した。

プラントのすでに困難な一時解雇プロセスの一環として、リリースは約2年以内に開始される予定であり、これには数十年かかります。 放射性水を徐々に海に放出するという政府委員会の勧告は、地元の人々からの強い反対に直面しており、決定はまだ保留中です。

ガジアマは水をどうするかを発表する前に、彼の政府は現在最終段階にあるとクローチェに語った。 日本の当局者は、計画された放水について国際社会から理解を得るために、国は最高レベルの安全と透明性を確保すると述べています。

2011年、マグニチュード9.0の地震と津波により、福島第一原子力発電所の冷却システムが損傷し、3つの炉心が溶け、核燃料が一次制御船の底に落下しました。

次の10年間、冷水は損傷した一次制御船から原子炉建屋の基礎に逃げ続けました。 損失を補うために、追加の冷却水が炉にポンプで送られ、炉内に残っている溶融燃料を冷却します。 また、水は排出・浄化され、一部は冷却水としてリサイクルされ、残りは1,000タンクに貯蔵されています。

発電所が運営する東京電力と政府は、現在、約124万トンの放射性水に閉じ込められている一方で、放射線に対する国民の懸念とTEPCOの安全文化への不信に直面しています。

オペレーターは、2022年までにタンクの貯蔵容量は137万トンになり、処分施設のためにタンクを撤去する必要があると述べています。

当局は脱水計画の最終決定に苦労しているため、外部の専門家との協力が重要であると述べており、日本はIAEAのセキュリティレビューと監視への関与が透明性と国民の信頼を高めるのに役立つことを望んでいる。

___

Twitterの山口真理をhttps://www.twitter.com/mariyamaguchiでフォローしてください。

READ  日本の強力な派閥が中国を甘く保とうとしている