Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は秋田県の風力発電所のオークションを開始しようとしています

東京、9月14日(ロイター)-日本の産業省は、北日本の秋田の外に風力発電所の開発の入札を開始する一方で、開発のための4つの「有望な分野」を特定しました。 ステートメント。

日本の海洋風力市場は、政府が2019年に風力発電所をアップグレードする法律を導入し、昨年2030年までに10ギガワット(GW)、2040年までに30〜45GWの海水容量を設定するという目標を設定した後に成長すると予想されます。 。 続きを読む

同省の計画では、年間1ギガワットの沿岸風力発電が可能な地域を特定して競売にかける予定でしたが、今回は秋田県の能代360MW(MW)のみが競売にかけられました。

同省当局者は火曜日に、「多くの利害関係者が関与し、コロナウイルスのために物理的な任命が延期されたため、地域社会との協議に長い時間がかかった」と述べた。

能代プロジェクトの公売は約4ヶ月で始まるとのこと。

新しい希望のある地域には、日本海が含まれます-日本海の秋田、山形、ナイコタにそれぞれ3つ、東京の近くの千葉近くの太平洋に1つあります。

これらの地域については、大気および地質調査と地域社会に相談するための評議会の形成を含む準備プロセスが直ちに開始され、以前に特定された3つの地域のプロセスは継続されます。

新法に基づく最初のオークションでは、6月に同省は、長崎にある16.8MWの箏海上浮体式風力発電所のためにDodaCorporationが主導するコンソーシアムを選択しました。 続きを読む

第一回の処理から選定された事業者まで、発電容量が約1.5GWのエリアが先進エリアに指定され、入札プロセスが進んでいると省当局者は語った。

大林組編集ロバート・ブラッセルによる報告

私たちの基準: トムソンロイター財団の方針。

READ  米国は9月に日本、オーストラリア、インドとの一人称サミットに目を向ける