Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は税制を再構築してアートセンターになる

日本は、ギャラリーや展示会の拡大を奨励するために税法を変更しており、世界のアート市場で競争力を高めるための他の手段を模索しています。 ニッキアジア レポート。 この取り組みは、ニューヨークとロンドンに平行する主要な芸術の中心地である香港が、芸術表現にスリリングな影響を与える可能性のある国家安全保障法の乱用を捉えていることから始まります。

1980年代後半のアート市場の成長力は、その経済的繁栄のおかげで、販売用地の存在により、中国全体が20%を占めるのに対し、日本は現在、世界のアート市場の4%しかありません。コレクターと香港のコレクターこの展示会では、アートバーゼルの年次要約を提供しています。 同様に、近年、香港は、間もなくオープンするM +ミュージアムや、アート市場を後押ししたと広く考えられている急成長中の西九龍文化区などの主要なアート機関に多額の投資を行っています。 「税関とのアート取引を促進することは理にかなっていますが、国でアートの基盤を構築することが何よりも必要です」と、クリスティーズの日本のリーダーである山口桂は言いました。 「たとえば、世界的に有名な美術館の支店を開くことは、スペインのビルバオクーゲンハイムがそうであるように、観光客だけでなく芸術に関係する人々も引き付けることができます。」

その利点として、日本は米国と中国に次ぐ世界第3位のビリオネアドルを持っており、外国人観光客にとって強いバランスを保っています。 昨年2月、規制改革大臣の後野太郎氏が率いる東京当局者は、アートギャラリー、オークション、美術展を国の無料港湾ゾーンで販売または展示できるように動き、数百万ドルの義務を節約しました。 税金を払う。

「これらの変更 [in Japan] コレクターが現れるまで、私たちはアート界からの反応を引き付けるであろう膨大な量の興奮を解放するつもりです」とベースギャラリーの社長であるマーク・クリムチャーは言いました。 2019年の米中貿易問題をきっかけに北京の前哨基地を閉鎖したペースは、ソウルでの足跡を拡大して日本に参入することを「検討」していることを認めた。 「日本が本当に再開すれば、再びアジアのアートマーケットのハブの1つになる可能性があります」と彼は言いました。

すべての画像

READ  みずほ、日本は銀行の支店にコンピューターの問題があると言います