Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は米国との研究を保護するために技術の盗難に関する規則を厳しくしている

東京発-日本は量子技術や人工知能などの主要分野で米国との共同研究を推進しようとしているため、軍事目的で使用される可能性のある情報を外国人の手に渡さないように、大学に対してより厳しい開示規則を課す。

政府は、公的資金を申請する際に、大学の研究者に他の外部および外部の情報源からの財政的貢献を報告するよう要求し始める予定です。 彼らが虚偽の報告を提出したことが判明した場合、彼らはこの資金を受け取ることに対する制限に直面するでしょう。

イノベーションを促進する政府委員会が火曜日に計画を決定した。 ガイドラインは年末までに完成する予定です。 日本は、4月中旬に菅義偉首相とジョー・バイデン米大統領が高度な研究における二国間協力について合意した後、一歩を踏み出している。

バイオテクノロジーや人工知能などの分野は、米国と中国の間で高まる技術的競争の主要な引火点として浮上しています。 これらの技術は民間や軍事用途に使用されることが多いため、ワシントンは国家安全保障を脅かす可能性のある情報が日本から漏洩しないようにしたいと考えています。

東京にとって特に懸念されるのは、科学研究を後押しするための中国の執拗な努力です。 10年以上前に開始された北京千人計画は、華僑研究者や外国人学者を中国に引き付けることを目的としています。

左から2番目の加藤勝信首相は、4月27日の政府のイノベーション推進委員会の議長を務める。 ©共同通信

井上信治科学技術相は、記者団に対し、「日本の経済安全保障を確保するためには、海外の関係者への違法な要請や技術漏えいの懸念を和らげなければならない」と述べた。

日本の文部科学省のデータによると、中国は2016年から2018年に発行された自然科学の科学論文の約92万件を占めており、世界の他のどの国よりも多い。

中国の科学者を本国に送還するという北京の断固たる努力を考えると、最先端の技術は個々の研究者を通じて中国に到達する可能性があります。 2020年6月、主要な連邦陪審員は、ハーバード大学の化学およびケミカルバイオロジー学部の元会長であるチャールズリーバーを、数千人の才能への関与の疑いについて虚偽の陳述を行ったとして起訴しました。

外務省は9月、中国軍との関係が疑われる1,000人以上の「高リスクの大学院生と研究者」のビザの取り消しを発表した。

このような取り締まりは、バイデン政権でも続くと予想されます。 日本は、米国やヨーロッパと協力して機密技術の管理を強化し、漏洩を防ぎ、さらなる研究協力への道を開くことを望んでいます。

READ  東芝の第2株主が同社に求婚者を公に探すよう要請する