Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は米国と欧州の金利上昇が長期間続くと警告

日本は米国と欧州の金利上昇が長期間続くと警告

梶本哲史著

[東京 30日 ロイター] – 日本政府は木曜日、経済は徐々に回復していると述べたが、月例報告の中で、米国と欧州の高金利は自国経済だけでなく日本経済にも悪影響を与えるリスクがあると警告した。

6月の月例報告を作成した内閣府の関係者は、日本経済に対するこうしたリスクにはさらなる円安圧力が含まれると述べた。 同当局者はメディアと話す権限がないため、名前を明らかにすることを拒否した。

日本の通貨は木曜の夜、1ドル=160.88円の安値に僅差で160円を超えて落ち着いており、生活費の上昇に対する懸念が高まっている。

急激な円安(OTC:)は、輸入品代金の増加を通じて生活費への懸念を引き起こし、資源に乏しい日本に打撃を与えている。

日米の金利差が大きかったため、円は同月に約2%、年間で12%下落した。

報告書は「日本経済は最近失速しているように見えるものの、緩やかなペースで回復している」と述べた。

同氏は「米国や欧州の高水準金利の継続の影響による経済の下振れリスクに直面する可能性がある」と述べた。 「金融・資本市場の変動には十分な注意を払う必要がある」

サブセクターレベルでは、経済の二本柱である個人消費と輸出について、政府はそれぞれ厳しい見通しを維持し、回復が停滞しているようだと述べた。

報告書によると、工場の生産は最近回復の兆しを見せているという。 今年初め以降、一部車種の証明書を偽造した一部の日本の自動車メーカーの影響への言及を削除した。

READ  日本の住宅建設業者は米国での合併・買収取引を模索している