Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は米国に対し、バイデン氏の「外国人排斥」発言は残念だと伝える

日本は米国に対し、バイデン氏の「外国人排斥」発言は残念だと伝える

日本政府の首席報道官は火曜日、「外国人排斥」がアジア諸国の経済成長を阻害しているとするジョー・バイデン米国大統領のコメントを「残念なこと」だと述べた。

バイデン氏は先週、中国から日本、インドに至るまでの経済における「排外主義」が成長を妨げていると述べ、一方でワシントンでの募金イベントでは移民は米国経済にとって良いことだと述べた。

日本の林芳正官房長官は定例記者会見で「このコメントは日本の政策に対する正しい理解に基づいていないとして米国に抗議した。残念だ」と述べたが、詳細には触れなかった。

しかし林氏は、安全保障上の同盟国である米国との日本との関係はこれまで以上に強固であり、日本政府は関係を強化するよう努力するとすぐに付け加えた。

「私たちの経済が成長している理由の一つは、あなたたちや他の多くの人たちのおかげです。なぜなら、私たちは移民を歓迎しているからです。」 バイデン氏は、2024年の再選に向けてこのイベントに資金を集めるように求めていた。

「なぜ中国は経済的にこれほどまでに低迷しているのか、なぜ日本は苦境にあるのか、なぜロシアはなぜインドなのか、彼らは移民を望んでいないからだ。」

均質性を誇る日本は、出生率の低下と人口の急速な高齢化により、今後数十年間で深刻な労働力不足が予想されるにもかかわらず、長年移民に対して消極的だった。

岸田氏は、先週掲載されたニューズウィーク誌のインタビューで、人口減少を逆転させるために移民を奨励することに関心があるかと問われ、日本は熟練労働者の招聘を検討すべきだと述べたが、完全な移民プログラムの可能性は否定した。

岸田氏は「高度な能力と意欲を持った労働者を日本に招き、日本社会を支援することが私たちが実現したいことだ」と述べた。

「日本社会には、海外からの継続的かつ無期限の労働移動という考えに抵抗する人たちがまだいます。」

READ  エマニュエル米国大使は、日本で「普通の人」として生きることを目指しています