Real News On-line!

沖縄から福島、東京までの日本の政治、ビジネス、犯罪、技術、社会、文化に関する最新ニュースと詳細な分析

日本は米国に従い、幼児に予防接種をするべきですか?

コロナウイルスに関連する重要な情報に関するシリーズです。 他の記事を読むには、ここをクリックしてください:#Coronaウイルスの事実。 COVID-19のすべての専門家からの最新情報と回答を見つけてください。

米国はファイザーのショットを5-11秒間認識しました

米国の保健当局は、5歳から11歳までの子供にファイザー-BioNTechコロナウイルスワクチンを使用することを承認しています。 これらの年齢層は現在、10マイクログラムの用量を取得しています。これは成人に与えられる用量の3分の1です。 以前は、ワクチンは12歳以上の人にのみ承認されていました。 ファイザーは日本に追随することを望んでおり、日本の保健省に申請書を提出しました。

ファイザーは2,200人以上の子供を対象とした臨床試験を実施し、症状の予防に90.7%の有効性を報告しました。 深刻な病気の人はいませんでした。

子供のわずか2.5%が、最初の投与後に摂氏38度の発熱を発症し、2回目の投与後に6.5%以上の発熱を示しました。 被験者の3分の1が疲れていると報告しました。

ほとんどの子供は重度の症状を避けます

Govit-19病の子供は通常、軽度の症状を経験します。 日本の保健省のデータによると、昨年の6月から8月の間に、9歳以上の子供たちの0.09パーセントがCOVID-19で重病になりました。 同じ時期に、10〜19歳の範囲で深刻な症例はありませんでした。

健康の専門家によると、基本的な状態の子供は深刻な症状を発症する可能性がありますが、日本ではこれまでのところ報告されている症例はほとんどありません。

の引数

東京のキダサト大学の小児科医兼ウイルス学者である中山哲夫教授によると、幼児は重篤な病気のリスクが低く、ワクチンは学校で見られるクラスター感染を防ぐのに役立つ可能性があります。 「人々は影響を受けたときに孤立する必要があり、それは子供たちにとって重大な精神的負担になる可能性があります」と彼は言います。

教授は、子供に予防接種をすることで、家族が予防接種を受けないリスクが減ると説明しています。

国の違い

長山教授は、アメリカのモデルに盲目的に従うことに対して警告します。 日本の政策立案者は、米国で小児感染症が蔓延しているため、両国の傾向の違いを考慮する必要があるが、日本の小児感染症の数は減少していると彼は言う。

彼は、基本的な病状で子供に予防接種をすることは理にかなっていると言います。 「しかし、現在の日本の流行状況下ですべての子供たちに予防接種をするかどうかを慎重に検討する必要があります。急いでそれに突入するのは良い考えではありません。」

この情報は、2021年11月12日現在のものです。


READ  日本では、疎外された若者の心と投票を勝ち取るための努力がなされています